FC2ブログ
2018/08/08

赤→水色→緑→青→別の緑。 の巻 その3

 引き続き、東急の元住吉より。

元住吉10
 このコンコースにも太陽光発電システムのパネルがあるそうですが、もしかして右手上の屋根の部分の点々っぽいやつ(?)がそうなんでしょうか。

 その辺は知識に疎いので推測だけの見解ですいませんが…。

元住吉11
 大正15(1926)年2月14日、東横線の前身である「東京横浜電鉄」時代に、丸子多摩川(現・多摩川)~神奈川(反町~横浜間にあった。現在は廃止。)間が開通した時に開業していますが、

 その駅名自体は開業前も、また今に至っても地名にはなく(現在の所在は川崎市中原区木月(きづき)一丁目)、開業前年に消滅した、この辺りの自治体だった「橘樹(たちばな)郡住吉村」に由来するものだそうで、駅開業に際し地元からの要望を得て、「元の住吉村」という意味でつけられたとか。

 所在地の「木月」も、住吉村となる前の「木月村(きづきむら)」からのものだそうですが、周辺には住吉村の名残りともとれる、「木月住吉町(きづきすみよしちょう)」という地名が存在します。

 ちなみに開業時のこの辺りは、同郡の「中原町」となり、その後昭和8(1933)年8月1日に川崎市に編入、さらに同47(1974)年4月に政令指定都市に指定されて、現在の「中原区」となっています。

元住吉12
 ご存知の方はご存知と思いますが、東口界隈には「オズの魔法使い」の登場人物をシンボルマークとした「オズ通り商店街」

元住吉13
 そして西口界隈には「ブレーメン通り商店街」という、どちらも何ともメルヘンチックな名前の商店街があることで知られています。

 かなり大昔の、某tvk制作の(笑)今はなき某番組における「みんなでうたおうZ」というコーナーで、「川崎7区アンソロジー」というものがありましたが、

 あれの特別枠で「元住吉のうた」というのがあって、それで歌われていたりもしていました。あの頃はまだ高架化前だったと思うので、もうずいぶん経ちますね…。

 曲はハードロック調で今も覚えているのですが、さすがに歌詞はところどころ忘れています…(苦笑)。

元住吉14
 そして「モトスミ」といえば、こちらの元住吉検車区。それこそ開業以来の車庫だそうです。

元住吉15
 車庫へ通じる踏切を渡ると西口になりますが、

元住吉16
 その近くには、ドイツのブレーメン市にある「ロイドパサージュ」という商店街から、友好提携の証として贈られたという「ブレーメンの音楽隊」の像がありました。何度か来ていますし、その存在も先の歌や、その前後に取り上げていた「アド街」で知ってはいましたが、なぜかまともに見たのは今回が初めてでした。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ごぶさたしています。

元住吉はたまーにに行く地なので謎の親近感があって、なんとなくこのような形で街の景色を見ることができてうれしく(?)思っています。

某96幕さんの歌は絶妙に脳裏に残りますね。わたしは八丁畷のうたが印象深かったです。
現在、彼が顔出しして出演している番組でたまに懐かしの歌が流れるので、もしかしたら川崎7区や元住吉のうたも聞くことができるかもしれないです。

まつま様

こんばんは。お久しぶりです。

> 元住吉はたまーにに行く地なので謎の親近感があって、なんとなくこのような形で街の景色を見ることができてうれしく(?)思っています。

ありがとうございます。私は相当に久しぶりでしたが、高架化されてから一度行ってはいるので、思ったより街並みが変わっておらず、ホッとした部分もありました。

> 某96幕さんの歌は絶妙に脳裏に残りますね。わたしは八丁畷のうたが印象深かったです。
> 現在、彼が顔出しして出演している番組でたまに懐かしの歌が流れるので、もしかしたら川崎7区や元住吉のうたも聞くことができるかもしれないです。

すいません、何せ相当前のDVDやたまの現地での視聴の記憶なので、それ以降の歌は知らなかったりします…。
川崎だとそれこそまだ「増田ジゴロウ」だった頃の「川崎の女」とかが妙に残っていたりする始末で…。
でも、どの歌も基本画が駅とか駅前ってのが、個人的にツボでしたね。

96幕さんも今や顔出しで出られているんですね。なかなかそちらに行かないと見る機会がないので、後で見てみたいものです。