FC2ブログ
2018/07/20

さわやかに「ありがとう」を言おう。 の巻 その7

熊谷5
 では、前章最後のフラグ写真通り(←なんじゃそりゃ)、秩父鉄道へ。右手の皆様方は「わくわく鉄道フェスタ」でも見かけますが、れっきとした「秩父鉄道労働組合」さんの公認になっているそうです。

 ということはつまり……、

 いや、夢を壊すようなことは言わないでおきましょう(笑)。

熊谷6
 ということで、当然ながら羽生行きに乗っていきます。 

熊谷7
 この、高崎線を跨ぐところは個人的に昔からすごく好きです。どこでも後発の私鉄は国鉄の駅に乗り入れるのに、結構強引に入っていく傾向があるような気がして、地元だと東武佐野線の佐野への持っていき方(館林方面から)とかにそれを強く感じるのですが、ここもその一例のような気がしてなりません。

武州荒木
 武州荒木では5000系と交換。こうして見る限りではまだまだ元気そうなんですが、何せもう(登場から)45年以上経ってますからねえ…。

 まあ、一緒にするのはあれなんですけど、一応「同世代」なので、まだまだ頑張ってほしいという思いはあるのですが。

羽生1
 ともあれ、羽生に無事到着。
 
羽生2
 でも考えてみれば、こちらも秩鉄では最新とはいえ、元は東急の8090系なので、少なくとも30年以上は経っていることになるんですよね…。

羽生3
 東西の出入口をつなぐ自由通路。今まで意識していませんでしたが、羽生市は藍染で有名だったんですね。

羽生4
 しかも地元のキャラさんたちのご出演による製造工程の説明まで。

羽生5
 さすがは「ゆるキャラの聖地」だけのことはありますね(笑)。

羽生6
 ところで、現在の橋上駅舎になる前は東側にしか駅舎がなく、駅の南側に東西を結ぶ橋が架かっていましたが、これは昭和38(1963)年5月に完成した「りくはし」という歩行者専用橋で、地元企業である「金子農機」の創業者である金子専一氏が、橋の必要性を訴えていた妻のりくさんの遺志を継ぎ、建設費の全額を負担されたそうです。当初は「陸橋」の意味合いかと思っていたのですが、奥様のお名前からきているんですね。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント