FC2ブログ
2018/07/15

さわやかに「ありがとう」を言おう。 の巻 その2

 引き続き、東武和泉より。

東武和泉9
 1800系のラストランとなった団体ツアー列車を、さらに後追いで。

東武和泉10
 現役当時は、単に「京急に似ているなあ…」ぐらいにしか思わなかった色合いですが、よくよく考えてみれば相当にインパクトのあるものだったはずですよね。

東武和泉11
 いったん外へ。今でこそシンプルな出入口になっていますが、手前に木造の駅舎があって、年季の入った上屋とつながっていました。

東武和泉12
 駅は昭和10(1935)年に開業しましたが、同49(1974)年に無人化され、切符はこちらの社宅で委託販売されていました。ただ、今もそうですが、日中の一部時間帯には駅員さんが本屋に出張して出改札業務を行っていました。

東武和泉13
 ふたたびホームへ。この段階では「追っかけ」のつもりはなかったのですが、何となく下りの方へ。

太田1
 太田行きだったので、そのまま終点まで乗ってみたら、先ほどの1800系がいらっしゃいました。階段の横にはさりげなく「ねぎらいのお言葉」が。

太田2
 ここでしばらく停車しているようですが、ドアは閉まったままなので、お客は途中下車はできないようです。

太田3
 でも、分かっていたら、やはり「あっち側」にいたくもあったような気も…(笑)。

太田4
 まあ、団体専用列車なので、こういうヘッドマークなのは仕方ないのかもしれませんが、やはりあの「急行 りょうもう」のあれを付けてもらいたくもありました。もしかしたら、浅草でそれ付けて撮影会とかあったのか…。

 もっとも、よくよく思えば、このデザインは90年代に設定されていた「ビジネスライナーりょうもう」をモチーフにしているようなので、そういう意味では「再現」的なものと言えるのかもしれませんが…。

太田5
 いずれにしても、行先表示板にある「ラストラン」の文字が切ないですね…。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント