FC2ブログ
2018/07/07

あれも、これも、かな(以下略)。 の巻 その7

 武蔵野台から各停に乗った私。

 そのままでもよかったのですが、

調布1
 何となくかったるいので、調布(ちょうふ)で特急に乗り換えていくことに。駅名標は映画をモチーフにしたデザインになっていましたが、そういえば撮影所があるんですよね(日活調布撮影所と角川大映スタジオ)。

 相模原線の分岐するここは、上りだと合流する形になりますが、

調布2
 反対側にやって来たその相模原線からの快速本八幡行きが、なんと前章最後につぶやいた新型の5000系でした(!)。

調布3
 ブラックフェイスにピンク帯。これはなかなかのインパクトですねえ。

 何となく、井の頭線の方が似合いそうだなあ…と、

 思ったり、思わなかったり(←どっちだよ)。

 その後特急に乗り換え、

 一応新宿に出るつもりではいましたが、

 同じ出るならややひねくれて出たれ、と(笑)、
 
明大前1
 明大前(めいだいまえ)で降りてみました。

明大前2
 もちろん「他」に乗り換えるためもありますが、

高幡そば1
 もう一つの切実な理由も(笑)。かなり久しぶりな気もします。

 のぼりにある「田舎そば」や、山形名物だという「鳥中華」というのも気になりましたが、

高幡そば2
 暑かったので多少さっぱりいこうと、「炭火焼き鶏のつけ蕎麦」を。

高幡そば3
 冷たいそばを温かいつけ汁でいただくタイプ。ごぼうの風味が香る中に焼き鳥と半熟卵が浮かぶ、やや濃いめのつけ汁に、

高幡そば4
 つけ麺を思わせるぶっといそばが印象的でした。これがいわゆる「田舎そば」なのかは定かではありませんが、おそらくつけ蕎麦用なのか…。

 いずれにせよ、なかなかに食べごたえのある一品でございました。

 高幡そば 明大前店
 東京都世田谷区松原2-45-1
 京王線明大前駅改札内
 営業時間:平日・土6:30~22:00(日祝19:00)
 (サイトはこちら

明大前3
 ということで、乗り換えていくことに。もうお気付きですね(笑)。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント