FC2ブログ
2018/07/04

あれも、これも、かな(以下略)。 の巻 その4

 ということで、白糸台の駅の北側で、乗ってきた新101系のオリジナル塗装復活編成を迎え撃つことを試みました。

白糸台13
 まずは交換相手の真っ白な是政行きを後追いで。

 これはこれでそこそこよかったと思うのですが、 

白糸台14
 その手前が何かいい感じになりそうな場所だったので、

 そこで狙ってはみたものの、


 見事なまでに失敗……。


白糸台15
 その後は真っ白2編成の交換でした。
 
白糸台16
 ピンクのバラに白い新101系。これはこれで悪くはないのですが、 

白糸台17
 できれば黄色で狙いたい…。これだけの好適地なので、このままでは終わりたくなくなってしまいました。

 かと言ってここでダラダラ待っているのもだるいな…とかなり身勝手ながら思っていたら、

 近くに「名所」があるらしいことがわかったので、時間つぶしも兼ねて向かってみることに。

白糸台掩体壕1
 それがこちらの「旧陸軍調布飛行場白糸台掩体壕(きゅうりくぐんちょうふひこうじょうしらいとだいえんたいごう)」の跡。

白糸台掩体壕2
 「掩体壕」とは、この場合は戦闘機を空襲から守るために造られたもので、戦時中、この調布飛行場周辺だけでも、実に約130基もの掩体壕があったそうです。

白糸台掩体壕3
 戦後そのほとんどが取り壊されてしまったそうですが、現在ここ府中市にこれを含めて2基、三鷹市にやはり2基と、計4基が残っているのみとのこと。

白糸台掩体壕4
 こちらは旧陸軍の三式戦闘機「飛燕(ひえん)」を格納するために造られたそうですが、

白糸台掩体壕5
 調査によれば、実際に収められた状態ではかなりギリギリの大きさだったようです。

白糸台掩体壕6
 毎年11月3日には、特別に内部を公開しているとのこと。

 その他詳細はこちらをご参照ください。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント