FC2ブログ
2018/06/21

「ちちんぶいぶい」の地へ。 その9

 本章で完結いたします。

東町4
 帰りは近道ながらやや急な坂を下り、しばらく歩いて東町界隈へ戻ってきました。

御花畑2
 そして、改めて秩父線の御花畑(おはなばたけ)へ。別名の「芝桜駅(しばざくらえき)」も、当然ながらこの時期だとぴったりですね。

御花畑3
 戻るには早いように思えるかもしれませんが、出た時間を考えるともう十分です。

御花畑4
 元東急8500系の7000系による羽生行き。ある意味レアな存在かもしれません。

館林
 そして、羽生から東武で館林へ。この回送が折り返してきましたが、太田行きだったか伊勢崎行きだったかは覚えていません…。

帰郷
 ともあれ、無事に帰郷。それなりに充実した秩父めぐりとなりました。

たい平カレー1
 後日…というか、明くる日(笑)。「秩父まつり会館」で目にして反射的に購入した、その名も「秩父 たい平カレー」を昼にいただいてみました。

 秩父市出身のたい平師匠ならではの、「だし(=山車)」の効いたカレーとのことですが、ここで「山田君」は呼ばないでおきましょうね(苦笑)。

たい平カレー2
 ちなみに、製造元は「ハヤシもあるでよ」でお馴染みの(←古いなあ…)、愛知県稲沢市の「オリエンタル」さんで、販売元の「オフィスビーワン」さんというのは、たい平師匠の所属事務所のようです。安心のオフィシャルですね(笑)。

たい平カレー3
 いざ、実食。いわゆる懐かしの、という趣きのある黄色いルー。具は鶏肉と油揚げというシンプルかつユニークなものですが、先ほどの謳い文句の通り、なるほど出汁のしっかり効いた「そば屋のカレー」な感じ。もちろんご飯でも十分おいしかったですけど、その通り、そばやうどんに合わせても、具が具だけにいけそうです。ごちそうさんでした。

 てなわけで、今回はこの辺でお開きです。また来週のお楽し…おっとっと(苦笑)。

 お後がよろしいようで… m(__)m (おわり)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント