FC2ブログ
2018/06/18

「ちちんぶいぶい」の地へ。 その6

西武秩父1
 ではそろそろお昼へ。今回も「こっち方面」に参ります。

西武秩父2
 西武秩父駅に隣接する「西武秩父駅前温泉 祭の湯」の中のフードコートへ。こういう時期&時間帯なので、相当混んでいるかもしれませんが、そこは覚悟のうえで。

 案の定大変な人でしたが、思ったよりも待たずに席を確保できました。

みそポテト
 まずは「おやつ本舗」さんで、ご当地名物「みそポテト」を。甘めの味噌だれが特徴ですが、親にはちょっと「あれ」だったようです…。

黄金わらじかつ1
 ではメインディッシュ。ここはやはり…ということで、「秩父わらじかつ亭」さんの「黄金わらじかつ丼」、ついにいただきました。早くも念願成就(笑)。

黄金わらじかつ2
 そういえば(西武)沿線だった(※池袋線の「高麗(こま)」と「武蔵横手(むさしよこて。羊のいる駅として有名ですね)」の両駅があります)、日高市のいわゆる「サイボクハム」(埼玉種畜牧場)さんの「ゴールデンポーク」を使用しているらしく、でかさは通常の「わらじかつ」とほぼ一緒ですが厚みがすごく、これは大変に食べごたえがありました。
 
 埼玉県秩父市野坂町1-16-15
 西武秩父駅前温泉 祭の湯フードコート「呑喰処 祭の宴」内
 営業時間:11:00~21:00 (ラストオーダー20:30)
 (サイトはこちら

西武秩父3
 駅前に出ると、より人出が多くなっていました。

西武秩父4
 東京方面からも、今は特急「ちちぶ」で池袋から約90分(厳密には81分。最短では78分だそうです)。気軽に行ける観光地ですもんね。

西武秩父5
 正直、その昔の西武さんは(これはあくまで個人の見解ですが)、本業がとても地味な印象をずっと受けていました。

 周囲でも西武といったら「ライオンズ」、(分かっている人だと)百歩譲って「プリンスホテル」と、まず出てくるのはそっちばかり。じゃあこっちはどうかというと、せいぜい「レッドアロー」(5000系)か101系で、さらにさかのぼるとそれ以上の名車が出てこない…。

 それがいつしか「ニューレッドアロー」(10000系)やら、「スマイルトレイン」(30000系)やら、挙げ句の果てには4000系改造の「(西武 旅するレストラン)52席の至福」やら、ものすごいことになりました。

 メディア露出(つまりCM)にしても、関東では昔からやれ小田急ロマンスカーだの東武特急だの、スカイライナー(京成)だの。近年になって「赤い電車」(京急)とか「高尾山」がらみ(京王)とか出てきたものの、西武さんだけはあまり見たことがなかった。

 それがいつの間にやらこじゃれた内容で「秩父推し」をするようになり、


 今やこれですからねえ…。ずいぶんと垢抜けたもんです。

 これもあの「スマイル&スマイル室」さんのご功績なんでしょうか(笑)。

 …そうそう。いつぞやご紹介した「あの学習まんが」は、実は西武さんのサイトで読むことができるようなので、今回貼らせていただきます(こちらからどうぞ)。

羊山公園1
 では、ある意味今回のどメインである、羊山公園(ひつじやまこうえん)へ。

羊山公園2
 事前の検索では「見ごろは過ぎている」とのことでしたが、多少残っているでしょうから、もはやダメもとで。

羊山公園3
 秩父のシンボル・武甲山(ぶこうざん)。そのお姿が拝められただけでも十分ですが、思ったよりもいい結果になったりしたのでした…。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント