FC2ブログ
2018/06/02

2度目の春イベ参戦記。 その2

 引き続き、赤城より。

赤城2
 台湾鐵路管理局との友好提携を結んだことを受けて、一昨年から走っている「プユマ号」カラーの「りょうもう」。東武さんのHPでは「当分の間運行」となっていますが、もはや無期限のような感じさえします。

 いっそのこともう1編成増やしてもいいような気もするんですが…(笑)。

赤城3
 そもそもは上毛電気鉄道の「新大間々(しんおおまま)」として、昭和3(1928))年11月10日に開業。東武の駅はその4年後に開業しました。上電の管理による共同使用駅となっています。

 今回はイベントだけ見に行くつもりですが、後々のもしものこと(?)や、仮にそれがなくても往き帰りの効率を考えてフリーきっぷ(「赤城南麓一日フリー切符」)を購入。

赤城4
 満を持して上毛線に乗り換えます。

赤城5
 「ゆうき」の姐(あね)さん、お久しゅうございますっ!(←誰なんだよお前は

赤城6
 「ぷゆま」の兄(あに)さん、またいつでもこちらに来ておくんなせえやしっm(__)m (←いや、だから

 ひと通りの「ご挨拶」が済んだところで(←勝手にせえっ)、

赤城7
 乗り込んでいきます。といってもこちら(西桐生行き)ではなく、

赤城8
 もちろんこちら(中央前橋行き)へ。かなり久しぶりな気がする「フェニックスレッド」編成です。

赤城9
 かたや燃え立つような赤と、こなた気品のある青(「ロイヤルブルー」)との対照的な組み合わせ。

大胡1
 では一気に、会場の最寄りである大胡(おおご)へ。ここではこの日にふさわしい「あの方」との出会いが。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント