FC2ブログ
2018/05/01

人生初!大鐵大ツアー!! その16

 新金谷の駅の隣りにある広場に向かった私。

新金谷16
 ホームの方を見てみると、「その14」で見かけた普通電車が、千頭(せんず)行きとなって折り返してきました。

新金谷17
 こちらの21000系は、元南海電気鉄道の高野線での直通運転(いわゆる「大運転」)のために造られた車両で、いわゆる「ズームカー」の先駆けとなった名車です。

新金谷18
 中でもこちらはその車体の形状から「丸ズーム」と呼ばれ親しまれていたそうです。

新金谷19
 その後、我々が乗り込む「かわね路」1号がいよいよ入線いたしました。

新金谷20
 牽引するのは「(高原の)ポニー」の愛称を持つC56形

新金谷21
 こちらの44号機は、昭和11(1936)年三菱重工川崎造船所製。札幌機関庫(現・苗穂運転所)に最初に配属され、その後軍事供出でタイに渡り、あの「泰緬鐵道」(映画「戦場に架ける橋」の舞台として有名ですね)で活躍していたそうですが、同54(1979)年に日本に戻り、6月にこの大鐵に来て翌年1月に営業運転開始となったそうです。

新金谷22
 そろそろ集合の時間が近づいて来たので、駅へ戻ることに。

新金谷23
 大井川本線では、夏季限定でこちらの「きかんしゃトーマス」のデザインを施したSL急行が運転されるようです。

新金谷24
 また、前の写真左手のポストに手紙やはがきを投函すると、金谷郵便局による風景印が押されるそうですが、そちらもSL急行がデザインされたものになっています。もはや確固たる地元の名物として定着しているんですね。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント