2018/04/21

人生初!大鐵大ツアー!! その6

島田12
 引き続き、島田駅の自由通路より。ちょうど下りの列車が到着するところでしたが、ここ止まりなのか、それとも浜松行きなのか、はっきりしません…。

島田13
 ふたたび北口へ。当駅始発の列車が設定されているのもあってか構内はそれなりに広いですが、かつては近くにあった「東海パルプ」と「日清紡績」の工場への専用線もあったそうです。また、JR貨物の駅でもあるようですが、現在は定期の貨物列車の発着はないそうです。

島田14
 駅前広場の西側には、「宗長庵趾(そうちょうあんし)」という史跡がありました。

島田15
 こちらは元禄年間に塚本如舟(つかもとじょしゅう)という俳人が、室町時代の連歌師だった宗長を偲んで建てたものだそうで、如舟と親交の深かった松尾芭蕉翁も訪れたことがあるとか。

島田市街地2
 ここで会の方と待ち合わせすることになっていますが、まだまだ余裕があるので、もう少しほっつき歩いてみました。駅の北東側にある、「おび通り」

島田市街地3
 東海道の宿場町であった島田市ですが、ちょうどこの辺りが島田宿の本陣跡のようです。

島田市街地4
 厳密にはこの周辺に上中下の3つの本陣があったそうですが、先のからくり時計のあるこの辺りが「下本陣」の跡だとか。

島田16
 3たび駅へ。今回は栄西さんとともに(笑)。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント