2018/04/20

人生初!大鐵大ツアー!! その5

島田4
 ということで、島田駅。こちらは「表」的な、北口。

島田5
 反対側の南口は、大井川や、世界最長の木造歩道橋としてギネス認定されている「蓬莱橋(ほうらいばし)」の最寄りになっています。かなり余裕をもって着いたので見ておけばよかったのかもしれませんが、何せ初訪問で距離感がつかめなかったので、見合わせてしまいました…。

島田6
 前章最後にもありましたが、島田市は「地球上でもっとも緑茶を愛する街」を宣言されているようで、「街」のスペルも「Ci-TEA」としている徹底ぶり。

島田7
 そっちでのギネス認定は難しいでしょうけど、その堂々としたご姿勢には、ちょっと目を見張るものがありますね。

島田8
 駅前広場には、日本に喫茶の習慣を広めたとされる、鎌倉仏教の一つである「臨済宗(りんざいしゅう)」の開祖・栄西(えいさいorようさい)禅師の像が。

 そもそも喫茶の習慣は奈良・平安期に最澄や空海によって伝えられましたが、上流階級の限られた人だけにしか口に出来なかったそうで、その後鎌倉初期に先の栄西さんが宋から帰国した際に茶葉を持ち帰り、一般的に広まったようです。

島田9
 茶葉を手にして天を見上げる栄西さんの凛々しいお姿、なかなかいいですねえ…。

島田市街地1
 その後、軽く市内を散策。宿泊先の確認もしてきました。

島田10
 ふたたび駅前へ。ちょうど島田市のコミュニティバスが到着。運行は静鉄グループの「しずてつジャストライン」さんです。

島田11
 さらにふたたび駅へ。自由通路にはさらに踏み込んだ(?)、「島田市緑茶化計画」と書かれたのぼりも。

 …直接関係はありませんが、

 その昔、「日本印度化計画」(筋肉少女帯、平成元(1989)年)という歌があったなあ…と、何となく思い出してしまった私がいました(苦笑)。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント