FC2ブログ
2018/04/08

カメさん、パンダさん&コアラさん。 の巻 その6

 引き続き、ユーカリが丘線のユーカリが丘より。

ユーカリが丘8
 開業以来の車両である、1000形

1000形1
 新交通システムの中でも、現在ではここだけの「中央案内軌条方式」を採用したもので、「VONA(ボナ)」という名称がありますが、固有の愛称ではなく、このシステム自体の名称のようです(※Vehicle Of New Age(新時代の乗り物)」の略)。

1000形2
 昭和47(1972)年に、千葉県船橋市にあった「谷津遊園」で試用され、その後同57(1982)年にこのユーカリが丘線で、さらに平成3(1991)年には愛知県小牧市を走っていた「桃花台(とうかだい)新交通」(※平成18(2006)年10月1日廃止)で本格的に採用されました。

公園1
 2つ先の、公園(こうえん)。そういう駅名なんです、念のため(笑)。向こうに広がっている「ユーカリが丘南公園」からきています。

公園2
 列車は一方通行でニュータウンを一周してここに戻り、さらにユーカリが丘まで行く形をとっているので、ラケットのような線形です。

公園~女子大
 公園を過ぎると、やや牧歌的な風景の中を走っていきます。

女子大1
 前回と同じパターンをほぼトレースしようと思い、今回も女子大(じょしだい)でいったん下車。

女子大2
 ちょっと遊園地の乗り物を思わせる乗り物ですが、れっきとした「鉄道」路線です。

女子大3
 すぐ先には車両基地があります。

女子大4
 公園方。「シンプル・イズ・ベスト」です。

女子大5
 駅名の由来などについては次章にて。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント