2018/03/26

続・別れを惜しむ「押し」の旅。 の巻 その2

信越車窓2
 安中(あんなか)付近。向こうに見えるのは「東邦亜鉛(とうほうあえん)」さんの工場で、駅から専用線も出ています。

 安中駅はスタンプスポットですが、先に終点の方を。切実な理由もありますし(苦笑)。

信越車窓3
 松井田辺りになると、上毛三山のひとつである妙義山(みょうぎさん)の荒々しいお姿がはっきりと見えてきます。

横川1
 そんなこんなで、終点の横川(よこかわ)に到着。

横川2
 「峠越え」の拠点も、今はひなびた終着駅になってしまいました。それが切なくて、足が遠のいていたのもあったりします…。

横川3
 ともあれ、スタンプゲット。信越本線は「Eエリア」で、ここと安中の2ヶ所です。

横川4
 もっとも、「横軽」が現役だった時もそれほど賑やかだったわけではありませんが、特急が到着した時の、それこそ「あの名物」を売る光景には独特のものがありましたね。買う側も我先にと言わんばかりで、ちょっとしたラッシュアワーのような風情があって(笑)。

おぎのや1
 今回も朝を食べずに出てきたので、高崎に着いた時点でヤバかったのですが、一応ここまでは来るつもりでいたので、どうせならここでいただこうと。なかなか機会もつかめなかったので。名物駅弁「峠の釜めし」でおなじみの「おぎのや」さんの立ち食い店です。

おぎのや2
 ちょっとリッチに、「天玉そば」を。天ぷらはいわゆる揚げ置きの丸天ですが、そばは生のようで、なかなかでした。つゆもちょうどいい濃さで、あふれんばかりの「つゆだく」状態は、持っていくにはちょっと大変でしたが、場所的にやや肌寒かったのもあって、十二分にあったまりました。

おぎのや3
 カウンターに気になるものが。何でも土休日限定だそうで、しかも限定5食とのこと(!!)。本気で気になりますが、ハードル高いなあ…。
 
 おぎのや 横川駅売店
 群馬県安中市松井田町横川398
 JR信越本線横川駅構内
 営業時間:10:00~16:30(月~金)、9:00~17:00(土日祝)
 (サイトはこちら) 

横川5
 せっかくここまで来たので、周辺を散策していきたいと思います。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント