FC2ブログ
2018/03/18

別れを惜しむ「押し」の旅。 の巻 その2

 引き続き、藤沢より。

 早速スタンプをゲットする前に、湘南色に縁のある理由を明かしたいと思いますが、

 まずその前に腹ごしらえ(笑)。何せ朝も食わずに飛び出したもんで、さすがに限界になってきました。

大船軒1
 そこで、階段下にある、駅弁「鯵の押寿し」でお馴染みの、「大船軒(おおふなけん)」さんのお店でいただくことに。典型的な立ち食い店舗が渋いです。

大船軒2
 いただいたのは、限定の「豚肉生姜そば」。ちょっと風が強かったので余計に温まっていこうかな、と。

 こちらのお店はNRE(日本レストランエンタプライズ)との合弁会社である「大船軒トラベルフーズ」さんによる経営なので、一般的なNRE系のお店と同じ限定メニューになっていました。

 よって、麺はいたって普通の茹で麺ですが、つゆが大船軒さん独特の濃いめなもので、具との相性がよりよく感じられました。さすがにそこは半世紀以上にわたって愛されているだけのことはありますね。
 
 大船軒 藤沢そば店
 神奈川県藤沢市藤沢75
 JR藤沢駅 3・4番線ホーム(階段下)
 営業時間:6:30~21:00(月~金)、6:30~20:00(土日祝)

 では改めまして、なぜここがスタンプスポットになっているのかの理由について。

藤沢3
 それがこちらの、「NewDays(ニューデイズ)藤沢5号」さん。

藤沢4
 いわゆる「湘南電車」のパイオニア、80系を模したものになっています。

 調べによりますと、平成18(2006)年3月に、同じ湘南色の113系がJR東日本の東海道線から撤退したのを受けて置かれたものだそうで、元々は「キオスク」でしたが、2年前にリニューアルされ「ニューデイズ」になったようです。

藤沢5
 もはや実車かと思わせるほどのリアルさ。反対側にも車番があり、しかも端にはご丁寧に「東チタ」(田町電車区。「東」は現役当時の「東京鉄道管理局」(いわゆる分割前)のこと)の文字も。

藤沢6
 後ろもご覧の通り。

 さらに、

藤沢7
 細部にわたるまで抜かりがございません(笑)。

藤沢8
 ということで、スタンプゲット。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。

そちら方面の駅そばは、段々とNREの影響力が高まっていて、それぞれの店の個性が薄れてきているという話も聞きます。
蕎麦の麺はまだしも、汁ってその店の個性そのものみたいな物ですから、それが全部同じになるのは嫌ですよねぇ…大船軒はまだ大丈夫っぽいですが…

Newdays藤沢5号!本で見たことあるんですが、写真で見るとより、らしいですね。
こういう遊び心があるのはJR東日本らしいところだなぁとは思います。

KZ-1様

 こんばんは。いつもありがとうございます。

> そちら方面の駅そばは、段々とNREの影響力が高まっていて、それぞれの店の個性が薄れてきているという話も聞きます。
> 蕎麦の麺はまだしも、汁ってその店の個性そのものみたいな物ですから、それが全部同じになるのは嫌ですよねぇ…大船軒はまだ大丈夫っぽいですが…

 大船軒に関しては、少なくともつゆに関しては独自のものと思われるのでまだ救われてはいるとは思いますが、おっしゃる通り昨今はNREの影響力があまりにも大きすぎているので、油断ができない状況ではあるかもしれません。


> Newdays藤沢5号!本で見たことあるんですが、写真で見るとより、らしいですね。
> こういう遊び心があるのはJR東日本らしいところだなぁとは思います。

他にも水戸に「フレッシュひたち」を模した「NewDays」がありますが、
あまりこういうのは他所では見かけないですね。