FC2ブログ
2018/03/14

ウェルカム&フェアウェル・キャンペーン2018(?) の巻 その5

東宮原3
 引き続き、東宮原より。

東宮原4
 こちらのパネルは見事な桜並木ですが、駅の北側にある「宮原駅前通り」のことのようです。

東宮原5
 複線区間の駅は、どこも大体こんな感じ。

東宮原6
 何となくお気付きと思いますが、例の「丸山はやみ」嬢の下のお名前は、ここからきています(※逆読み)。

 その駅名の通り、JR高崎線の宮原駅の東にあり、先ほど申した「宮原駅前通り」を西に800mほど行ったところにあります(※かなり前に経験済み)。

 ただ、その時は脇目も振らずに向かいましたが、折しもお昼過ぎ。しかも朝をまともに食べていないので、さすがにヤバくなってきました。

 当初は特に何もないと思っていたので、無謀は承知でも次の行き先まで引っぱるつもりでいましたが、

 国道17号の「宮原駅入口」交差点を越えて少し行ったところで、

満洲1
 この看板と「ランちゃん」の笑顔を見た途端、とても素通りできなくなりました(←なんのこっちゃ)。

 ということで、人生3度目の「ぎょうざの満洲」さん。店員さんがしきりに勧められる月限定の「生姜野菜ラーメン」なるものも気になるところでしたが、

満洲2
 かなり暑かったので、ここはさっぱりと「ネギ塩ラーメン」というのをいただきました。月限定ではないですが、今月いっぱいのものだそうです。

 地元埼玉の「深谷ねぎ」を使用したという、白髪ねぎに塩味スープがベストマッチ。さっぱりしていながら食べごたえ抜群でした。また、こちらの麺は我が地元の栃木県産の小麦を使用しているとのことで、何だかとてもありがたい気持ちになりました(笑)。そう、栃木は小麦もなかなか侮れないのです。

満洲3
 そしてやはり「どマスト(?)」の餃子も。こちらは北海道産の小麦だそうです。

 ぎょうざの満洲 宮原駅前店
 埼玉県さいたま市北区宮原町2-21-5
 営業時間:11:00~21:30(月~土)、11:00~21:00(日)
 (サイトはこちら

宮原1
 腹ごなしにはちょうどいい感じに歩いたところで、JR高崎線の宮原(みやはら)に到着。

宮原2
 そもそも明治41(1908)年5月、当地に「加茂宮信号所(かものみやしんごうじょ)」が開設され、大正11(1922)年4月には「信号場」となりましたが、昭和22(1947)年1月に廃止、翌年7月、その跡地に当駅が開業したという歴史を持ちます。

宮原3
 先の駅舎は東口で、こちらは西口。川越線の日進駅は、この南西に20分ほどの距離にあるようです。

宮原4
 前章で少しほのめかしましたが、今回は東京方面は見合わせ、高崎方面へ向かうことにしました。

宮原5
 というか、高崎です(笑)。

 その辺もちょっとした理由があり、また、そこだけでもなかったりするのですが、これまた次章で、でもこれに関しては少しだけ明かします(←じらすなあ…)。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント