2018/02/17

続・スロースターターな押しまくり。 の巻 その9

下今市47
 「リバティ」が発車していき、いよいよ姿を現した、SL「大樹(たいじゅ)」

下今市48
 牽引するのは、JR北海道から借り受けた、C11 207。ヘッドマークは従来のものではなく、この時鬼怒川温泉で催されていた(らしい)「鬼まつり」にちなんだものになっていました。

下今市49
 昭和16(1641)年、日立製作所笠戸工場製。最初の配属は不明だそうですが、同24(1949)年に尻内機関区(現・八戸運輸区)に転属。その後47(1972)年に12月に北海道の長万部機関区に転属し、49(1974)年まで瀬棚線で活躍していたそうです。

 同年に廃車となり、しばらく静内町で静態保存されていましたが、平成12(2000)年に復活し、道内で「SLニセコ号」「SL冬の湿原号」「SL函館大沼号」などを牽引しました。「函館大沼号」は、約15年前に一度乗っています(※五稜郭から大沼公園まで)。

下今市50
 まさにそれ以来のご対面っ!いやはや、お元気そうで何よりでございます。

下今市52
 車掌車は2両ありますが、こちらのヨ8634は、JR貨物より譲り受けたものだとか。

 その他詳細は、東武さんのSLプロジェクトサイトをご覧になってみてください。

下今市53
 ということで、すっかり堪能しまくってしまいました。後ろ髪引かれる思いですが、そろそろ戻っていくことにいたします。

下今市54
 ありがとう。そして、さようなら。見たからには、後は一回くらい……おっとっと(笑)。

 ……それまでなんのかんの言っていても、

 やはりいざ実物目にしてみたら、はしゃいじゃうもんですねえ…

栃木6
 新栃木からは東武宇都宮からのこちらで、終点へ。栃木(とちぎ)です。

栃木7
 もうちょっと続きます。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

SL大樹って…。

 以前、北海道で走っていた、SLだったんですねぇ。 このSL、走っているのを見て、ワタシも、嬉しく思いましたね!(*'▽')

アレス様

こんばんは。コメントありがとうございます。

そうですね。引っ張っているのはまさしくそちらで活躍していた方です。

だからというわけでもないでしょうけど、こちらの雪景色にも似合ってました。