2018/02/14

続・スロースターターな押しまくり。 の巻 その6

下今市32
 ということで、鬼怒川温泉行きの普通に乗っていきます。実はここからならば「リバティ」にも乗車券だけで乗れたのですが(※下今市からは実質各駅停車)、めちゃ混みだったので、ならば座って行きたいな、と。

大谷川
 日光線と別れ、鬼怒川線へ。大谷川(だいやがわ)の向こうには、男体山(なんたいさん)の猛々しいお姿が。

 大谷向
 次の大谷向(だいやむこう)では、JR車の特急「きぬがわ」と行き違い。

 その後、大桑で普通と交換し、新高徳(しんたかとく)では何もなかったですが、

 時間的に次の小佐越(こさごえ)が「怪しい」とにらんでいた私は、着く前から多少身構えていました(笑)。

 車掌さんのアナウンスは単に「上り列車と交換いたします」でしたが、

 踏切の警報音が流れ始めてから、待てど暮らせどやって来ない…。

 電車だったらもう少し早いはずなので、これは…と「確信」に至り、いよいよ身構えました。

 かぶりつきでじ~っとすること数十秒。

小佐越1
 ついにやって来ました。SL「大樹(たいじゅ)」

小佐越2
 いざ通り過ぎてみると、なかなかの速さでした。

東武ワールドスクウェア
 次の東武ワールドスクウェア。去年の7月22日に開業した、同名施設の完全なる最寄り駅。先ほどの「大樹」も停車します。

東武ワールドスクウェア~鬼怒川温泉
 無事に「大樹」もとらえ、いよいよテンションは最高潮です。

鬼怒川温泉1
 そしてついに、最終目的地の鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)に到着。

鬼怒川みやび1
 さっそく最後のスタンプ、「鬼怒川みやび」嬢も無事ゲット。ついにコンプリートいたしました。

鬼怒川みやび2
 さらに、駅前の「鬼怒川・川治温泉観光情報センター」さんで、すべてのグッズをいただきました。おありがと~うございっm(__)m (←その言い方はまずいだろ)。

 …それにしても、

何だこれw
 今は本っ当に、いろんな方々がいらっしゃるもんですね。何ですかあなた方は(笑)。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おめでとうございます

コンプリート、おめでとうございます。
で、C11が出てきたところで…走行音って意外に静かですよね。ホームなどで聴く音だと、ELやDLのほうがモータやエンジンで唸ってますし。
蒸気の音は何となく耳に気持ちよく感じるからかも(=わたしが)知れません…D51などはもっと轟音なのかもしれませんが。

そういえばタモリ倶楽部で、SLの動き出すときの音を“男子…女子…男子…女子…”と表現してましたが、口に出してゆっくり発音すると…確かに!と思いました。

中林20系様

こんばんは。コメントありがとうございます。

ありがとうございます。むしろ今回の方が待ち時間とかもあってきつかったのですが、
それもまたひとつの楽しみでもありますし。今回は余計ですかね(笑)。

そうなんですよね。SLはむしろ静かで、後ろのDLの方がやたらうるさかったりしますし。
C11は小ぢんまりしているのもあるのか、余計に静かだったような気もします(向こうで一度乗ってるもので)。

それ、確か「ブラタモリ」でも行ってたような気がしますが、
言われてみれば確かに聞こえる…決して「空耳」でもないですね(笑)。