2017/03/19

芋伝説。ふたたび

 リハビリを兼ねた近所の散歩も少しずつ範囲を広げ、何となくそれなりに筋肉もついてきたような気がしています。

 せっかくなので、以前記事にした所も久しぶりに行ってみようと、

芋の森1
 向かいました。今は町内の行事が行われる、芋の森神明宮(いものもりしんめいぐう)

芋の森2
 以前記事にした時(ご参考までに。)までは、境内もまだ「森」の名にふさわしくうっそうと茂っておりましたが、今はかなりすっきりしてしまいました。子どもの頃は鳥居からこの辺りまで木々に囲まれていて、ちょっと怖く思ったものでした。

芋の森3
 社殿の裏にある、「弘法の池」。先ほど貼った以前の記事にある通り(※今回は割愛します)、いわゆる「弘法伝説」のひとつである「石芋伝説」にちなんでいるとのことですが、この手のものは全国にあるようですね。

芋の森4
 またこの池には、市指定の天然記念物「ニホンカワモズク」の生息地として、その世界では有名なんだそうですが、7年ぶりに来て目を凝らしてみても、それがどれなのかがわからぬ始末。

 灯台下暗しもここまでくると、何となく狐につままれたような感もあります。まあ、私だけでしょうけど。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント