2016/12/07

「金沢」へ行ってきました。 の巻 その6

並木中央8
 引き続き、金沢シーサイドラインの並木中央より。

並木中央9
 西側の出入口に出てみました。

並木中央10
 左手には「並木2丁目団地」が広がり、さらにその先には神奈川県立金沢総合高校があります。閑静な住宅地といった趣き。

並木中央11
 しばらく行った辺りで、次の新杉田行きが発車していきました。

 ひと駅歩こうかとも思いましたが、素直に降りたところから再び乗ることに。

並木中央12
 その次の列車は新しい塗装の編成のようでした。

新杉田1
 では一気に終点の新杉田(しんすぎた)へ。

新杉田2
 個人的にはこの色合いの方が好きですね。

新杉田3
 ちょっと「何か」に似ているような気もしますが…。

新杉田4
 なかなかに元気いっぱいなシーサイドライン。

新杉田5
 決して「この人」のご活躍だけではないことは確かです(←微妙な言い回しだなあ…)。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

飲も!

なるほど!このポーズにこの台詞はマッチしますね。で、このポーズでこの笑顔だと…語尾が“~だぞ!?”など、恋愛的に微妙な距離間の間柄で交わされる言葉が合いそうな気も。“不正乗車はダメだぞ!!”とか…それはちょっと違うか(笑)。

あと、“ご利用ありがとうございます”じゃなくて、“また乗ってくれよな!”とか…ああそうだ、ちょっとボーイッシュな感じが合うん…何をいってるのでしょうか、わたしは。

いや、わたしがボヤいてるんではない、鉄道むすめがわたしをボヤかせまんのや…ということで。


中林20系様

こんばんは。コメントありがとうございます。

正直に申しますが、

あの広告には正直言ってやられました(笑)。

ただですね、

あくまでも「水」なんです。

あれが「“何か”を割った水」だとしたら、もっとやられていたかもしれませんが、

そこはさすがに控えめのようで(なんのこっちゃ)。

でも、確かに活発そうなイメージがあるので、そういう言い回しもおもしろいかもしれません。

はははっ。罪な「むすめ」さんですね。世にボヤキの種は尽きまじ…と(笑)。

トラックバック

鉄道むすめが駅ジャック!

これは年始頃の話なので、今でもこうなのかは判りませんが、面白かったので。 仕事で横浜の南部市場まで出かけたのですが、そこへは根岸線の新杉田から横浜シーサイドラインという新交通システム(=東京では『ゆりかもめ』がそうです)に乗ることになるんです。 あれは…運転士がいないんですよね。そゆところに何となく不安を覚えてしまうのですが、まあそれはそれとして。 乗り換えの際、シーサ...