2015/12/31

四十路の18旅。(2) 乗り鉄 in 「さいれんと・ひる」 その2

熱海2
 久方ぶりの熱海。伊東線のホームには黒船来航!生では初めて見たけど、写真以上に渋い感じです。

熱海3
 乗り継ぎの列車までやや時間があるので外へ。いつの間にやら駅舎が新しくなっていましたが、先月29日に供用が開始されたそうです。

 それまでの駅舎はどうしたんだろうと思って横を見てみると、

熱海4
 な・なんと、早くも取り壊しが始まっておりました。見るも無残なその姿に、ちょっと切なくなってしまいました…。

熱海5
 気を取り直して、東海さんに乗り換えます。普通の富士行き。6両編成で、前3両は313系ですが、

熱海6
 後3両は211系5000番台でした。それにしても、東海さんの制服はパイロットさんみたいで格好いいなと前から思っていました。あの「金すじ」が特にね。

東海道線車窓
 東田子の浦を過ぎたあたり。地理的には富士市になりますが、その通り、富士山がきれいに見えますね。

 さて、今回は一応、まだ制覇していない路線に狙いを定めておりまして、

吉原1
 その最寄りである、「鉄」のみなさんはもうご存知と思いますが、吉原(よしわら)で降りました。

吉原2
 明治22(1889)年2月に、「鈴川」として開業、昭和31(1956)年4月に現駅名に改称されました。

吉原3
 駅の北側からまっすぐに、堂々たる富士山のお姿が望めます。さすがに「富士市」ですね。

吉原4
 では、満を持して、今回の第一目的である、岳南鉄道線(がくなんてつどうせん)を制しに参ります。JR側からも乗り換えられますが、あえてこちらから向かいました。

吉原5
 渋さ全開の駅舎。テンション上がりまくりです(笑)。

吉原6
 現在は元京王井の頭線3000系の7000形が活躍しています。単行というのもまたかわいいですね。

 …というわけで、これが今年最後の記事となります。本年も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございました。引き続き来年もよろしくお引き立てのほどをお願いいたします。

 こちらの旅の模様は、一日おきまして、来年1月2日に再開する予定です。

 では、よいお年をお迎えくださいませ…m(__)m
スポンサーサイト