2015/07/31

近くて遠かった。 の巻 その1

 26日。梅雨が明けて本格的に夏空が広がり、さらに気温も朝から高めで、何となく体がだるかったのですが、ゆっくり出て早めに帰るつもりで、タイトル通り、東京方面はよして「近場」で済ませることにしました。

館林1
 まずは館林へ。今やすっかり「暑い街」というのが定着しましたが、なぜそんなことになってしまったのでしょうか。昔はそれほどでもなかったと思いましたが…。

館林2
 気のせいか、「りょうもう」さんも暑そうです(←まさか)。

館林3
 そして久喜行きに乗り換え、

久喜1
 さらに終点で中央林間行きの急行に乗り換えます。

 ここまではいつもと変わりませんが、ここからが違います。

 というのも、

東武動物公園1
 ここで降りてしまったからなのでした。

東武動物公園2
 こんな時に限って接続がよかったりするので、思い切って東京の方まで行ってしまおうかとも一瞬思いましたが、

東武動物公園3
 特にその先も浮かばないので、久しぶりに日光線に乗ってみることに。おそらくあの「むすめラリー」(←なんじゃそりゃ)以来です。

東武動物公園4
 スペーシアも今は期間限定でもう1色あります。

東武動物公園5
 さらに再来年には新型特急車の「500系」が登場予定ですが、そうなるとどうなってしまうんでしょう。直接関係はないような気がしますが、例えばこちらの方の「扱い」が…とか。

 ともあれ、南栗橋行きの急行が来たので乗ることにします。

杉戸高野台
 次の杉戸高野台(すぎとたかのだい)。昭和61(1986)年8月に開業しました。その通り、北葛飾郡杉戸町に位置しますが、この駅ができるまで同町には駅がありませんでした。東武動物公園は、同56(1981)年3月15日までは「杉戸」でしたが、駅があるのは南埼玉郡宮代町です。

幸手1
 次の幸手(さって)。ここでちょっと降りることにしてみました。(つづく)
スポンサーサイト