2014/11/30

ある意味「いつものルート」 の巻 その1

 24日。この日はあまり天気がよろしくないので、近場で済ませることにしました。

出発1
 久しぶりにこっち方面へ。

出発2
 太田行きに乗って、

太田1
 終点へ。

太田2
 伊勢崎行きの接続がよかったですが、あんまりすんなりそっち方面へ行ってもつまらないので(笑)、

太田3
 桐生線の方へ出ることにしましたが、こちらの赤城行きは40分以上も後に出るので、

太田4
 特急で行くことにしました。待たされるくらいなら、510円くらい惜しくも何ともありません。いや本当に。

太田5
 時間的にここで特急同士が交換になります。まず浅草行きが到着。

太田6
 そして赤城行き。

赤城1
 このショートカットは、時間があってもついやってしまいます。さすがに先行があって40分待ちはきついです。

赤城2
 …ただ、この難点は、こっち側の接続が良過ぎることかもしれませんが…(苦笑)。

赤城3
 でもいいのです。あの色はもうずいぶんと乗ったしネタにもしたので、結局30分待つことにはなりますが、急いで乗っても意味ないし、太田での普通で来たとしたら、それにも乗れないので。

 その辺はローカル線区の「性(さが)」ですね。(つづく)
スポンサーサイト