2012/06/30

カ・マ・ノ・キ・オ・ク。

 「カマ」。つまり、SL(蒸気機関車)のことです。

 それまで、「パレオ」(秩父鉄道)を何回か、それから「SL奥利根」を新前橋で1回、高崎で音だけ2回(笑)、「SLみなかみ」と「SLレトロ碓氷」を同じ日に高崎で見たくらいで、その時まともに撮ったのはブログに書いた最後のものを除けば新前橋のみで、しかもその写真はどこかへ紛失してしまいました…。

 乗ったのは、真岡鐡道のやつと、今回上げるものです。真岡もやはり撮ったものが満足いかず消去してしまい、その前に下館で見た時も、撮ったことは撮ったのですが、ポジにしてなかったらしく、データも今はございません…。

 そもそも先述の高崎も、目当ては別のものだったし(ご参考までに。)、私はさほど、「カマ」には愛着がないのかもしれません。「世代」じゃないと言ってしまえばそれまでですが…。

 なので、これは個人的にはかなり貴重な「カマ」の記憶になります。初めて乗ったってのもあるけど、もっと言えば「わがままを聞いていただいた」というのもあるので…。

五稜郭1
 今から9年前の来月下旬、いわゆる「海の日連休」に函館へ行った時、こちらの五稜郭駅から、

五稜郭2
 「SL函館大沼号」に乗りました。

SL函館大沼1
 さすがにこっちの釜には火は入っていませんでした(苦笑)。

大沼公園1
 で、大沼公園で下車。

SL函館大沼2
 今でもそうですが、写真下手の私にはカマはとっても撮りづらく、この時もかろうじて1枚収めただけでした。

SL函館大沼3
 あとはこの方くらいで(苦笑)。

大沼公園2
 この時点で大沼は2度目で、多少駅前の雰囲気が変わっていましたが、この堂々とした駅舎にはこの時も圧倒されました。

大沼公園3
 今もこの感じは残っているのでしょうか。

大沼公園4
 帰りには、ちょうどこの頃開業したと思われる「流山温泉(ながれやまおんせん)」に絡んだ臨時列車も走っていましたが、

大沼公園5
 普通にこれで戻りました。

 初めて乗ったSLは、確かにDC(ディーゼルカー)よりもなお遅く、相当のんびりしたものでしたが、気ぜわしい世の中に、このスピード感は、それがいつもだとさすがに厳しいですが、「あってもいいな」と思いました。

 とはいえ、何分にも「世代」ではないので「良さ」も「悪さ」も正直わからず、実際にはただただ舞い上がっていただけで(苦笑)、今のきれいごと的感想はもちろん「後付け」です。

 ましてこの時は、(少なくともこの当時は)とりたてて興味がなかった(と思われる)友人に無理を言って、一緒に乗ってもらったのもあったので(大沼自体は目的地でしたが)、申し訳なさもありましたし…。

 そんな懐かしい記憶とともに思いだす、「北のカマ」でした。
スポンサーサイト