2012/01/30

正座はしなかったけど(苦笑)。

 休みではありますが、まだ何となく無理は出来ぬと思い、大人しくしております。

 一応、(仕事に)行っている業種が業種なので、完全に元に戻るまで休むことになりました。

 やはり向こう一週間は、というのは、相場なのかもしれません。仕方ないです。これも私の無理がまいた種ですから…。

 ということで、

 先週放送分の「ブラタモリ」(録画しておいたやつ)を見ておりました。

 いわゆる「総研」(鉄道総合技術研究所)のやつです。

 あの世界で「総研」というと、「大○」さんでも「○村」さんでもなく、国分寺のあそこです(苦笑)。

 新幹線ばかりが強調されていますが、

 それの起爆剤となった(といえる)、

 小田急ロマンスカー3000形SE車詳細はこちら)も、ここでの技術開発から生まれました。

 ぶっちゃけ、あれができなかったら、(今日の)新幹線も産まれなかったかもしれないので、

 忘れないでいただきたいですね。私鉄好きは黙っちゃいませんよ(苦笑)。

 それはともかく、

 「ハイトラム」が実際に動いているのを見たのは初めてだし、

 「ML100」(国産リニアの第1号機)とか、あんなところに…、

 うわーうわー\(^o^)/

 …と、年甲斐もなく、また病み上がりであることも忘れて、興奮しながら見ておりました(苦笑)。

 何せめったに見られない所ですからねえ…。

 特に「正座」はしませんでしたが(笑)、じっくり目を据えて見させていただきました。

 ところで。

 (鉄道総研の)所在地が「(国分寺市)光町(ひかりちょう)」で、新幹線からきているというのは、うっすら知ってはいましたが、

 それまでが、「平兵衛新田(へいべえしんでん)」という渋い名前だったのは存じませんでした。

 それでもいいような気もしますが、

 平兵衛さんも、まさか新幹線に負けるとは思いもよらなかったでしょうね…(苦笑)。
スポンサーサイト