2011/03/31

浪花の底力。

 昨日、電車待ちの間に寄った本屋でたまたま見つけ、即買いしたものを。

週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 2011年 4/10号 [雑誌]週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 2011年 4/10号 [雑誌]
(2011/03/29)
不明

商品詳細を見る

 「大手私鉄」編に次ぐ、同名シリーズの第5巻。俗に「市営モンロー主義」といわれる、日本初の公営交通を確立させた大阪の、市電から地下鉄に至る歴史、さらに直通する「北急(きたきゅう)」こと北大阪急行を取り上げています。

 私は、地下鉄には表紙の御堂筋(みどうすじ)線と、四つ橋線、谷町(たにまち)線、日本初のリニア地下鉄である長堀鶴見緑地(ながほりつるみりょくち)線に乗ったことがありますが、関東の地下鉄にはない、独特の雰囲気に圧倒されたものでした。
 
 特にドル箱路線の御堂筋線における、高いアーチ形天井や蛍光灯のシャンデリアを擁する駅とか、市営とは思えない先を見据えた都市交通のあり方に、大いなる感銘を受けました。

 今はどこも公営交通はなかなか難しい状況に立たされているようですが、都市の発展に公共事業が欠かせないのもまた事実ではないかと思うのです。頑張っていただきたいです。最新の今里筋(いまざとすじ)線、いつか乗りに行きたいなあ…。
スポンサーサイト