2010/07/31

昭和のかほり。

 今日は昨日の仕事の疲れがとれず、9時半近くまで寝ていたのですが、ネタ探しも兼ねて出かけてみました。

 とはいうものの…

 うだるような暑さに耐えきれず、小山に行って戻ってきただけでした(苦笑)。

DSCN0964.jpg
 でも、考えてみれば、ここにまともに降り立ったのは、かなり久しぶりです。おそらく三十数年ぶりなのでは。その時は母方のじいさんと「小山ゆうえんち」に行きました。

 東北新幹線の実験線がここを中心に展開されたので、宇都宮よりも先にこのような民衆駅スタイルになったのでした。なので、その三十数年前も駅舎はこれでしたね。

DSCN0967.jpg
 でも、両毛線に211系が入ってきたせいで、ちょっと印象も変わりました。もっともこの車両もそれなりに時代を感じますが…。

 時代を感じるといえば、コンコースヘ向かう階段のところに、こんな看板があるのを見つけました。
DSCN0965.jpg
 …まあ、今でも売ってはいますが、この基本デザイン、そこはかとなく80年代ですなあ(苦笑)。
スポンサーサイト