2009/07/30

よみがえった猫。

 22日にリニューアルした、東武博物館へ行ってきました。

 お目当ては何といっても、5700系の1号車!あの「ネコひげ」が復元されたとあっては、もういてもたってもいられません(笑)。
5700-2.jpg
 いや~惚れぼれしますねえ…(*^。^*)。
 
 ご立派なひげがしっかり再現されてるし、独特の前面もばっちりです。
kegon.jpg

こちらが車内。引退時には扇風機がついていたのですが、登場時はついていなかったらしく、忠実な復元ということではずしたとのこと。なかなかの凝り様です。
5700-3.jpg
 
この1両は長らく東武動物公園駅の構内で保存されていたようですが、シートですっぽりと覆われていたので、うすうす勘ぐってはいたものの、真相を知ることはできないでいました。でもやっぱりそうだったんですね(笑)。

5700-1.jpg
 この前面を復元するのに当たっては、当時の資料も乏しく、かなり苦労されたそうです。しかし、1720、1700系以前の東武特急の草分け的な、まさに「歴史の生き証人」の艶姿を何とか今に残そうという、博物館の方々の並々ならぬ努力が結実した、まさに渾身の1両といっても言い過ぎではないはずです。素晴らしいの一言に尽きます。

ED101.jpg
 リニューアルにあたって、もう一つ歴史的な1両が「ネコひげ」の後ろに展示されています。東武鉄道最初の電気機関車である、ED101です。こちらは滋賀県の近江鉄道からの里帰り。登場時の色に塗られての保存です。

 偉大なるお二方のご立派なお姿、ぜひ見に行ってあげて下さい。
スポンサーサイト