これは知らなんだ。

 先日、親が近所の「やまや」さんで変わったものを買ってきたようで、

カレー焼き飯1
 あの「うどんスープ」でおなじみのヒガシマル醤油さんの、「カレー焼めしの素」というやつでした。

 「うどんスープ」も手軽に関西風のおだしが味わえるので大変に重宝していますし、姉妹品の「カレーうどんスープ」も実に絶妙な味わいで、今やすっかりそっちにハマってしまいましたが(笑)、まさかこういうものまであるとは存じ上げませんでした。

 この手のものというと、いわゆる「ドライカレーの素」しか知りませんが、確かに和風のそれだと「焼めし」というのがふさわしいでしょうね。チャーハンともまた違ってきますし…。

カレー焼き飯2
 てなわけで、表示の通りにきっちりと作ってみましたが、

 なるほど焼めしっ!です。しっかり炒めているのですが、卵とご飯をしっかりなじませて炒めるので結果パラパラになるのですが、チャーハンよりも焼き付けた感じが強くなるので味もしっかりなじんで香ばしい匂いに食欲をそそられます。

 そしてその味は、当然ながら素晴らしく、カレーうどんのようにだしが利いていながら、そこに薄口しょうゆの香りがほんのり漂い、実に絶妙なものでした。これはしばらくハマってしまいそうですね。

 とはいうものの(?)、

 ヒガシマルさんのHPを見てみたところ、このシリーズには他に「しょうゆ」や「とり塩」というものもあるようなので、

 これは「他力本願」というわけにもいかなさそうです(笑)。

 もし、「やまや」さんにはカレーしかないとしたら、

 悪い意味で「なんということでしょう」ってことになりかねない(←どーゆー意味なんだよっ)。

 やはり、食に限ったことではございませんが、

 「探求」は自分の足で動かなければならないようです。

 …………。

 望むところです(苦笑)。

 それもこれも「リハビリ」ぢゃいっ!!!!(←あのなあ…

 ご無礼をいたしました……m(__)m

 でも、

 わりと本気だったりします。(←だから

 (※追記:昨日(4/19)、買い物の折に行ってみたところ「しょうゆ」もあったので、勢いで購入しました(笑)。いずれ実食してその模様も記事にするかもしれません)
スポンサーサイト

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

グンマーホイホイ(笑)。

 さて、石打(群馬県邑楽町)のこぶ観音の参道にあったお店で見つけた「おもしろいもの」とは何なのか。

 それは……、

ぐんまちゃん1
 こちら。やはり群馬は抜かりがありませんでした(笑)。

 これは佐波郡玉村町に本社を置く、「大黒食品工業」さんの製造によるもので、この辺りにもスーパーに置いてある、大盛りの「マイフレンド」や、ノリは何となくうち(栃木)の東隣の「ニ〇ー〇ッチ」的な(笑)「AKAGI」というブランドで知られています。

 安価ながら結構うまいので、キャラコラボとはいえなかなか侮れない存在かもしれません。

ぐんまちゃん2
 3分後のお姿。まあ、こういうものなので感動するほどの要素はなかったですが、そこそこのお味でした。確かに具に「ぐんまちゃん」の要素的な色が使われていますが、どうせなら完成時に「ぐんまちゃん」の顔になるとか(←無理だろ)、それがだめでも、せめて「ぐんまちゃん」をあしらった「なると」とか入っていてもよかったかなあ…と思ってしまいました。そもそも完成図とのギャップがあり過ぎて…。あそこまでとは言わずとも、もうちょっとかきたまあってもよかったような…(※食べる前の姿です)。

 「ぐんまちゃんシリーズ」は他にもありまして、

ぐんまちゃん3
 まあ、どちらかというと、こっちの方が個人的期待度は高かったのでした(笑)。

ぐんまちゃん4
 こちらも何となくふりかけが「ぐんまちゃん」的。しかもリッチなポテト入り。

 …まあ、「本場」の人間がこれだけでそう簡単に納得するものではございませんが(苦笑)、まさか入っているとは思わなかったので、それはそれでなかなかでした。

 ただ、ソースが「くせになる」前に「くせがある」と思ってしまったくらいに(苦笑)ちょっと独特で、うちにある「焼そばソース」(by月星食品)をかけてみたくなってしまいました。まあ、それで納得するのもずるいといえばずるいのですが…。

 でも、同じ群馬発の、そっちは全国的に知られている「ペ〇ング」さんのそれから比べたらしつこくないので(※個人の感想です)、慣れたらくせになってしまうかもしれません。「ベイシア」(※群馬発祥。先月近所にもできました)さんなら売ってるのかなあ…。

 ちなみに、大黒さん(←何だか七福神みたいですが)のHPを見てみると、「ぐんまちゃんシリーズ」はさらにうどんやねぎラーメンもあるそうで、同シリーズの紹介ページにはパズルやぬりえのコンテンツまであるというなかなかの超展開。「ぐんまちゃん」好きの方は避けて通れないこと必至ですぞ(笑)。

テーマ : カップめん
ジャンル : グルメ

久方ぶりの和食の名店。

 4日の、こぶ観音(邑楽町)と北部運動公園(太田市)への帰り道、昼はやはり勝手知ったる地元で済まそうと、

響1
 近所の「響(ひびき)」さんへ。親は今年に入って一度行っているそうですが、私はかなり久しぶりです。

 地元発祥の水産業者がプロデュースしている和食レストランで、単品でも肉はひと通りありますし、お酒もいろいろと揃っているようです。

 いずれ落ち着いて夜とかにも行ってみたいところですが、今回は軽めのランチを。

響2
 限定の「鯛飯ランチ」。煮物のお椀は日によって内容が異なります。

響3
 鯛飯というと静岡とかの駅弁で有名ですが、いつぞやあっちには行ったものの、結局食べることなく終わってしまいました。

響4
 水産業者さんのプロデュースというだけあって、魚の質は抜群です。

響5
 ランチではドリンクとデザートがついてきます。

響6
 デザートも日替わりで違うらしく、この日は苺のババロアとのこと。上品な甘さで口直しにはぴったりでした。

 店内の雰囲気も落ち着いた感じで、ゆっくり食事をするにはおススメです。セット系は和食屋さんらしい淡泊なものが多いですが、単品では肉食系の方も十分ご満足いただけると思います。

 和膳匠 響 -ひびき-
 栃木県足利市借宿町1-19-9
 営業時間:11:30~14:30、17:30~22:00(L.O.21:15、最終入店20:30まで)
 定休日:水曜日、第4木曜日
 ※ランチメニューは月~金のみ(祝日を除く)
 (お店のHPです。

テーマ : おいしいお店
ジャンル : グルメ

「名物」を自宅で自作。

 近所にある宮城発祥のチェーン「やまや」さんは、基本酒屋さんなんだそうですが、酒類の豊富さもさることながら、食べ物も既存の周辺店にはなかなかないものが多く、時おりお世話になりますが、

名物カレー1
 先日行った時に、大阪は難波の明治期創業の老舗「自由軒」さんの「名物カレー」のレトルト版を初めて入手しました。

 同店のレトルトカレーは、以前「赤カレー」と「黒カレー」というのをいただきましたが、看板メニューであるこれは、たまたまなかったのか、あったけど何となく先入観が邪魔したのか(?)、結局見合わせてしまってました。

 現在、関東では埼玉の方に2軒ほどあるようですが、そこはいわゆる「のれん分け」の「せんば自由軒」さんなんだそうで、当然ながら冠していないこちらの方が本家ということになります。

 「名物カレー」は、創業者の吉田四一氏が、当時ハイカラな食べ物だったものをもっと食べやすくという思いから考案したもので、パッと見ドライカレーのようですが、ルーとご飯を混ぜ合わせたシンプルなもので、当初はその通り「混ぜカレー」といったそうです。織田作之助氏の「夫婦善哉(めおとぜんざい)」にも登場するという、まさに名物な一品。

名物カレー2
 でははこの説明にならって作ってみます。まずはフライパンにカレーベースを入れて煮立て、そこのご飯を入れてルーと混然一体となったところで皿へ。これだけでも十分おいしそうですが、

 やはり、「あれ」を入れないと。

名物カレー3
 てなわけで、それを投入。「たまポケ」(←チキラーかっ)を作っておかなかったせいか、若干だらしなくなってしまいました(汗)。

名物カレー4
 さらに別添のウスターソースをかけて、完成っ!これを混ぜながら食べます。

 カレー、ご飯、ソース、そして生卵。これらがまさに渾然一体となった小宇宙的世界は、ドライカレーとも普通のカレーライスとも違う独特なものですが、混ざることによってよりそこに深みが生まれ、しかも後者の持つ「過剰なもっさり感」もなくなるという、絶妙なもの(※個人の感想です)。

 いや、もちろんそれもまたそれでいいんですが、このシンプルな組み合わせでしかも物足りなさも感じないというのは、特に過度にがっつり食べたくない時には非常にありがたいのです。それでいて、見た目は何となくジャンクながら、明らかにカレー食ってるという充実感はありますし。なるほど大阪発祥らしい逸品ですね。

 話には聞いていましたが、なかなかその機会を得られず、臍を噛む思いでしたが、ようやく自宅でながら味わうことはできました。今度はぜひとも、やはり「現地」で味わってみたいものです。「がんばる言い訳」が、またひとつ増えました(苦笑)。

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

実は2度目。

 先月28日に叔父が横浜の親戚へ行くのでよかったらどうだと誘われたので、まだ快気祝とはいかないまでもお見舞いのお礼も兼ねて、同行することになりました。

泰鵬1
 前日、お礼の品を買いに行ったついでに、「泰鵬(たいほう)」さんでひとすすり。実は今年で2度目です。開店後30分も経ってないにもかかわらず、もう大盛況でした。こちらの写真はずいぶん前のものです。

泰鵬2
 その前回は「タンメン」でしたが、今回はいわゆる「セット」(ラーメン・半チャーハンセット)を。

泰鵬3
 さらに餃子も。これも定番的なので、どうしても食べたくなりますね。

 泰鵬本店
 栃木県足利市通3-2589
 足利織物会館名店街
 営業時間:11:30~15:00、17:00~20:30
 定休日:水曜日(基本。たまに連休あり)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

こんなやつ。

あいあんさいど

Author:あいあんさいど
原産:栃木県
性別:♂
性質:鉄道と街、そして昭和を愛する。
属性:一応「乗り鉄」
習性:地名で路線がわかる。ポイント音に過敏(笑)。
好物:駅そば、駅弁
憧憬:立川真司氏(鉄道ものまね芸人)

最近の戯れ事。
過去の戯れ事。
ありがたいお言葉と、つたない返事。
トラバ。
領域。
えにし。
FC2乗り鉄の会
鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略・五十音順)


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。
ブログランキング
村民登録中。
ご訪問ありがとうございます。
私の本棚。
おひとついかがぁ?
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード