FC2ブログ
2020/04/17

ここが我慢のしどころなのか。

地元1
 5日前、買い物ついでに「PASMO」へチャージをしに東武駅へ。

 今は買い物でもずいぶん使えるので、その確保もあって、どうしても。

地元2
 日曜日の7時台で、しかもこの時下りの特急が到着していましたが、例の影響からか、通常よりもお客も人影も少ない印象でした。

地元3
 もちろん(と言うのも変ですが)これだけでは済ませたくないという思いが、頭の片隅にないわけではないのですが、

地元4
 今変な真似をすると、自分だけの問題ではなくなるので…。

地元5
 とはいえ、やや心が折れかかってきていたので、せめてものおなぐさみで中橋だけでも。

地元6
 ある時期にはライトアップも自粛していたこともありましたが、

地元7
 ここ最近はぬかりなく。

地元8
 歌に唄われている橋はこの西側なんですが、地元の人間(というか、少なくとも私)にとっては、市のほぼ中心部にあるのと、遠出して戻った時に「帰ってきたー!」を実感できるのとで(笑)、それなりに思い入れがあるものですから、せめてこれだけでもお許しいただけたら…。
スポンサーサイト



2020/01/01

2020(令和初)・年頭ごあいさつ。

謹賀新年
 あけましておめでとうございます。

 ……え?

 余計なものが写ってないかって?

 たぶん気のせいです(笑)。

 もしそうじゃないとしたら、

 うちもツアーの行程中に入っているもんですから(←「はとバス」のか?)。

 はい、うちだけ東京ということになってます(←よくもぬけぬけと)。

 それはさておき(すんません…)。

 旧年中はお引き立ていただき、誠にありがとうございました。

 本年も引き続きのご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

 …まあ、相も変わらずのバカっぷりですが、

 それでもよろしければ、ということで(苦笑)。



 (21:00追記)

八幡宮1
 先ほど、近所の八幡宮で遅ればせながらの初詣をしてまいりました。

八幡宮2
 さすがにこんな時間になると、参拝の方々もほとんどいらっしゃいませんでしたが、逆に落ち着いてお参りができたのでよかったかな、と。

 年明け早々、仕事が妙に忙しく、結果的にこの時間になってしまいましたが、まあ、気分的に違うので。

 改めましてよろしくお願いします。
2019/08/17

夏の装い三例。

 大分、いや相当に暑い日々が続いておりますが、お元気でしょうか。とにかく無理をなさらずにご自愛くださいね。

 さて、今作は「Qメダル」で交換できる季節の装いが増えまして、さらに誕生日記念のプレゼントもそれぞれのキャラのTシャツがもらえたりと盛りだくさんになっています。

マラ様
 まずは後者から。7月7日はこの方の誕生日でしたが、前後1日にプレイしても、もらうことができます(※どの方々も同じ)。

マラ様2
 そして前者絡みは、今月に入ってからなのか、この時期ならではの装束があったので、早速コーデ。一般的な白と、黒がありましたが、アブノーマルなマラ様にはこっちの方が似合いそうかな…ってんで(笑)。

 また、バールのようなもの(※アイテム名は「ライク・ア・バール」。)…というよりは、どう見てもバールのようですが(苦笑)、
 
 …いや、もしかしたら、あの色遣いからすると、磁石になっているのかも(←まさか)。これもメダル交換でもらえます。

 それにしても、あえて申しますがアイテム名はやはり「あの名曲」にかけたのでしょうけど、ああ訳されることも狙ったのでしょう(笑)。ニュースでも知られる表現ですが、それを題材にした清水義範氏の短編や、それをもとにした(立川)志の輔師匠の新作落語でも知られますね。これは「出る」かもしれないので覚えておいても損はないでしょう(苦笑)。

 それはともかく、個人的にはこのおどろおどろしさもまた魅力的ではあるかな…とは思っていましたが、

 あまりにも「外しすぎ」な感もなくもないので、

マラ様3
 最近はキャンペーンでもらったソーサラー衣装を身に付けています。オーソドックスといえばそうかもしれませんが、あっちはあまりにも物騒な気もします…。

 それに、お盆も過ぎたことですしね(←そーゆー問題でもないやうな…)。
2019/07/25

今はただ、「安らかに…」と云うばかり。 その3

 引き続き、浅草より。

浅草5
 4番線の方には「リバティ」が停まっていましたが、

浅草6
 これがなんと、春日部行きの「スカイツリーライナー」でした。まったくの初見です。

浅草7
 いわゆる「ホームライナー」的なものでしょうが、東武にはそれまでなかったタイプだけに、何となく違和感を感じますね…。

浅草8
 そして3番線の方には、前章最後の「しもつけ」(東武宇都宮行き)の発車後、乗っていく「りょうもう」が到着。

浅草9
 清掃中の間に、「スカイツリーライナー」が発車していきました。

浅草10
 春日部行きの特急……もはや時代というべきか…。従兄は「なんだそりゃ!?」と驚いていましたが。

炒飯弁当1
 ということで、夕食は手間を省いて横浜で買っておいた「崎陽軒」さんの弁当を。親はいつもの「シウマイ弁当」でしたが、私はある意味いつもの「炒飯弁当」を。

 とはいえ、今回ばかりは一種の「供養」の意味も込められています。

炒飯弁当2
 というのも、地元民ゆえか、「シウマイ弁当」にはなぜか厳しい目を向けていた従兄が、これだけは妙に高評価をつけていまして、向こうに行った時はおろか、2年前の入院中の一時帰宅時にも土産に買ってきてくれたほどでした。

 ちなみに、買った時に店員さんが入れていたチラシのひとつに気になるものが。

焼・焼売
 いつの間にか新しいタイプが出ていたようですが、

 実は個人的にはずいぶん前のある時期から、「真空パック」は焼いてしか食べていませんでした。

 あれ、普通に湯煎しただけだと何となく匂いが気になっていまして、そこで、食べ方の一つとして書いてあったのですが、フライパンでこんがり焼いてみたところ、匂いが抜けたどころかかえっておいしく感じたものでした。

 それが今やそれ専用のものが出るとは…。

 いろんな意味で、いい時代になりました(笑)。従兄がいたらどう思っていたでしょうか。

 ということで、完全なる私事でしたが、内容としては、まあ多少意識はしましたが、湿っぽくならずに済んだかな、と。

 従兄、今まで本当にありがとう。そして、何もしてあげられず、ごめんなさい。安らかに…。(おわり)
2019/07/24

今はただ、「安らかに…」と云うばかり。 その2

鶴ヶ峰6
 若干隔世の感も感じるようになった鶴ヶ峰から、各停で横浜駅へ。

横浜2
 京急への乗り換えの道すがら。来年大前身からの創設から60周年を迎えるベイスターズのポスターが今も別デザインで貼られていました。この川崎球場時代のことはまったく存じ上げませんが、

横浜1
 横浜スタジアムとなってからのこの時代は、個人的にも懐かしいです。当然ながら従兄はファンでしたが、私も影響で好きになり、一度だけ観に行ったことがありました。今も「スーパーカートリオ」と呼ばれた高木豊・加藤博一・屋鋪要の各氏や、「大ちゃん」こと山下大輔氏の選手時代の応援歌をはっきり覚えています。

横浜3
 結局のところ、見るもの聞くものどれも従兄を思い出させるものばかり。私にとっては実の兄に近いような存在ではあったので、無理もないのかもしれません。

浅草1
 一時には、こちらに来る時に浅草でひとしきり「観察」していた結果、着く時間が大幅に遅れたり、

浅草2
 かの名物「電気ブラン」が地元にもあるので、買って飲んだら二人で1本をその日のうちに空けてしまったりと、(私も含め)どうにも困った面もありましたが(苦笑)、

浅草3
 それも今となっては懐かしい思い出です。今はこんな方が名誉駅長になっていることも知らずに「あっち」へ行ってしまいました…。

浅草4
 でも、こよなく愛したこちら(元1800系)が元気なのは、まだ知っていたのかもしれませんが。(つづく)