2017/10/18

結果的「蔵の街」めぐり。 の巻 その4

栃木市内31
 ふたたび蔵の街大通りへ。年季の入った建物も若干リニューアルされていたりしますが、中にはそのままの形で頑張ってらっしゃるお店もちらほらあったりします。

栃木市内32
 「その2」で上げた銀座通りと交わる、倭町(やまとちょう)交差点。右手にあるのはいわゆる「スタバ」ですが、この時点(10/1)ではまだオープンしてませんでしたが、どうやら5日にオープンしたようです。

栃木市内33
 蔵造りの建物もあるにはありますが、全体的には少ないです。ただ、こうした昭和の匂いを湛えた渋い建物が多く、個人的にはそちらの方が気になったりします。

栃木市内34
 さらに行くと、「関門橋」という名の橋がありますが、どう読むのか今も分かりません。「かんもんばし」?それとも……??

栃木市内35
 調べてみたところ、どうやら「かんもんばし」のようです。ちなみに流れているのは巴波川(うずまがわ)

栃木5
 栃木駅に戻ってきました。久方ぶりに長い距離を歩いたせいか、やや疲れましたが、それなりに充実したものになりました。

栃木6
 旧塗装の関東バスふたたび。この色は本当に、昔から大好きでした。大昔、市内の親戚のところへ行く時はこれと東武バスの2路線がありましたが、関東バスは本数が少なく、待ってでもこちらに乗るわけにもいかないのでほとんど東武でしたが、うまい具合にこの色が停まっていた時は嬉しくて嬉しくて、いつも運転席の真後ろに座っていたものでした(笑)。

栃木7
 ところで、ず~っと気になっていたのですが、この横のマーク、社章の上についているものって、パッと見「翼(羽)」のように見えますが、

 下の方をよく見ると、「指」のように見えて仕方ないのです。どういう意味合いがあるのでしょうかね…。

栃木8
 今回初めて気が付いたのですが、駅舎内にも地元出身の作家・山本有三氏に関するモニュメントがありました。厳密にはドイツの詩人である、ツェーザル・フライシュレンの代表作「心に太陽を持て」に関するものですが、その詩を訳されたことによるようです。

栃木9
 このまま戻ってもよかったのですが、まだ時間的に早いので、東武日光線に乗って行こうと思います。

栃木10
 乗るものが来るにはまだ時間がありますが、いろいろ来るようなのでホームで待ちました。(つづく)
スポンサーサイト
2017/10/17

結果的「蔵の街」めぐり。 の巻 その3

栃木市内19
 続いて向かったのは、こちらの神明宮(しんめいぐう)

栃木市内20
 主祭神は天照皇大神で、そのため「栃木のお伊勢さん」とも呼ばれているそうですが、実は「栃木」の語源の由来の一つとされていて、ここの社殿の千木(ちぎ。「鰹木」とも)が10本あるところから、「十(とお)の千木→とちぎ」となったという説があります。

栃木市内21
 そういえば、栃木市の前の市章は千木を象ったものでしたね(ご参考までに。)。

栃木市内22
 この辺りにも昭和な風情が残っている一角があり、落ち着きます。

栃木市内23
 蔵の街大通りへ戻り、もう少し先へ。道沿いには栃木市役所がありましたが、その下の「TOBU」とは一体……??

 東武百貨店だったっけ……?それにしたって、市役所と一体化というのも…、

 ……待てよ。

 確かここは……(※思い出した)。

 その詳細は最後に申します。

栃木市内24
 せっかくなので、主だった所を可能な限り見ておきます。お次は「嘉右衛門町(かうえもんちょう)伝統的建造物保存地区」。その通り、国の重要伝統的建造物保存地区に指定されているそうです。

栃木市内27
 天正年間に地元の名士・岡田嘉右衛門によって開墾されたそうで、町内にはその岡田家のご当主が開館した、「岡田記念館」があります。

栃木市内28
 市街地からはやや離れていますが、それだけに落ち着いた街並みが広がり、なかなかでした。

栃木市内29
 先ほどの栃木市役所ふたたび。この建物からもご想像がつくと思いますが、実はもともと「福田屋」さんという百貨店でしたが、平成23(2011)年2月に閉店してしまったそうです。その後建物は栃木市に基本無償で譲渡され、同26(2014)年2月に栃木市役所の本庁舎となり、さらに同年3月には東武宇都宮百貨店がテナントして1階に入居し、「栃木市役所店」として開業したとのこと。

栃木市内30
 こういうケースは全国でも珍しいケースだとは思いますが、確かに有効利用としては好例かもしれません。

 ただ、

 地方都市で百貨店らしい百貨店がだんだん減っていくのは、時代の流れとはいえ何となく寂しい気もしますが……。(つづく)
2017/10/16

結果的「蔵の街」めぐり。 の巻 その2

栃木市内8
 引き続き、栃木市内の巴波川河畔より。右手は「蔵の街遊覧船」ののりばになります。

栃木市内9
 屋形船のようなものもあり、「粋」な装飾が施されていました。

栃木市内10
 さらに久しぶりに、「県庁堀(けんちょうぼり)」へ。もともと栃木県の県庁所在地は、明治17(1884)年に今の宇都宮に移るまではこの栃木市でしたが、ちょうどこの辺りにその県庁があったことからそう呼ばれているようです。

栃木市内11
 この年季の入った建物がその名残りかというと実はそうではなく、

栃木市内12
 こちらは旧栃木町役場の庁舎で、移転後の跡地に建てられました。大正10(1921)年築。国の登録有形文化財です。

栃木市内13
 その後栃木市役所の本庁舎~別館となりましたが、平成26(2014)年に新庁舎への移転に伴い、すべての業務がそちらに移り、市役所としてのお役目を終えたそうです。

栃木市内14
 左手には「栃木県議会発祥の地」の碑が。まあ、そうでしょうね。

栃木市内15
 歴史的な建物に、県庁の唯一の遺構としてのお堀、そしてどこか渋さを感じる石造りの橋。蔵ばかりが注目されますが、このスポットもなかなかです。

栃木市内16
 さらに市の中心部へ。こちらは「銀座通り」。「みつわ通り」と並ぶ、市内の昭和なメインストリー…いや、「目抜き通り」と言った方がいいですかね(笑)。その一つです。

栃木市内17
 個人的にはこういう方が、それこそ「琴線に触れる」んです(苦笑)。

栃木市内18
 「蔵の街大通り」に出ました。せっかくの機会なので、ある程度ゆっくりしていきます。(つづく)
2017/10/15

結果的「蔵の街」めぐり。 の巻 その1

 なぜに「結果的」なのか。

栃木1
 1日。とりあえずここに出るのは決めていました。

 ただ、そこから何となく「あのSL」を見るだけ見ておきたくなり、日光線に乗り換えようとしたのですが、

栃木2
 ご覧の有様でした……。

栃木3
 なので、あまり行っても意味がないと思い、せっかくなので市内散策していこう…となりました。どちらにしても、やや失礼な話ではありますが…。

栃木4
 国学院行きの関東バス(関東自動車)。今も旧塗装車がご健在です。

栃木市内1
 そういえば、いつぞやも何だか結果的にな感じな上に、夕方(か、午後の押し迫った時間帯)だったせいか、かなり一部しかめぐらなかったので、一種の「リベンジ」ということでご勘弁願えたら…と。

栃木市内2
 その時に来た、瀬戸河原公園(せとがわらこうえん)。向こうに見える橋は巴波川(うずまがわ)に架かる「公園橋」で、

栃木市内3
 こちら側の「うずま公園」とを結んでいます。

栃木市内4
 さすがに「蔵の街」だけあってか、公共施設もご覧の通り。

栃木市内5
 しばらく巴波川に沿って歩いていくことにしました。

栃木市内6
 落ち着いた街並みを流れる川の情景は、やはりいいもんですね。

栃木市内7
 次章につづきます。
2017/10/13

蕎麦と、港と、バルカン砲? の巻 その6

 本章で完結いたします。

京急蒲田4
 というわけで、京急蒲田(けいきゅうかまた)。ここから一気に帰路へ。

京急蒲田5
 平成24(2012)年10月21日の完全高架化により、京成の青砥のような2層構造となりましたが、当然ながらJR・東急の蒲田駅とは相変わらず離れているので、両者を結ぶいわゆる「蒲蒲線(かまかません)」の計画もありますが、果たして実現するのでしょうか。

京急蒲田6
 現状を考えると難しい気もしますが、かと言ってここから乗り換えたい状況もありますからね。JRはともかくとしても、東急への乗り換えがスムーズになれば…というよりは、乗り入れか(※東急の駅とを結ぶことになっている)。

京急蒲田7
 川崎くらいの距離ならば(歩いても)まだしょうがないと思えますが、何せ約800mですからねえ……。

浅草
 まあ、それを言ったら、都営とここだってなかなかのもんですが(苦笑)。

 てなわけで、無事に帰郷。さっそく晩餐と参りたいと思います。

 昭和3(1928)年創業ですから、来年で90周年を迎える鳥専門の弁当屋、「鳥久(とりきゅう)」さん。現在は本店と蒲田駅東口の売店の2店舗のみですが、かつては蒲田の駅ビルにも出店されていたそうです。

 また、経済評論家の上念司(じょうねんつかさ)氏を講師に迎える「八重洲・イブニング・ラボ」というセミナーの主催元でもあるらしく、セミナー当日にはその会場のみで「すいー鳥弁当」(※上念氏のご命名による)という特製のオリジナル商品が販売されるようです。

鳥久2
 2度目の今回は、一番人気らしいこちらの「特製弁当」。字の色は折り詰めのふたに近いものにしてみました(笑)。

 大定番の唐揚げに焼き鳥、さらに写真では見えてませんがその両者の下にあるチキンカツと、まさに鳥づくしなボリューム満点の逸品。

 上念氏ではありませんが、思わず「バルカン砲~っ!“(^o^)”」を叫びたくなりました。

 ………はい、やっと出ましたが、そういうことです(苦笑)。マニアックだなあ…。

鳥久3
 また、本店の隣りには「からたつ」さんという惣菜専門のお店もあり、弁当でお馴染みのおかずを中心に様々なラインナップがあり、迷ってしまうほどでしたが、今回はやはり1個じゃ足らないので唐揚げを100gに、

鳥久4
 なかなかに侮れないシューマイを6個。

鳥久5
 さらに図に乗って、焼き鳥(塩)をつまみのために(苦笑)。シューマイ以外は全部私が食べてしまいました…。

 ちなみに「特製弁当」についている焼き鳥は塩ですが、たれ味もあり、私は実はたれが入っていると思ったので塩にしてしまったのです。もちろんおいしくいただきましたが、たれもまたとってもおいしそうで…こりゃ再訪必至ですね(笑)。

 これでもかという鳥づくしに、「バルカン砲」が炸裂しまくってしまいました…(苦笑)。

 てなわけで、行く気の薄かった割には結果的に大充実したものとなった今回のぶらり。これにて予定終了でございます。最後までご覧いただき、厚くお礼を申し上げます。お粗末さまでした…。(おわり)