2018/06/12

2度目の春イベ参戦記。 その12

赤城23
 ということで、折り返しの東小泉行きに乗っていきます。

赤城24
 上電の方には「ゴールデンオレンジ」編成の西桐生行きが到着。
 
赤城25
 発車後しばらく並走していきます。

藪塚~治良門橋
 藪塚(やぶづか)付近。温泉地として知られていますが、他には小説「木枯し紋次郎」の舞台を再現した「三日月村」や、「ジャパンスネークセンター」があることでも有名ですね。

治良門橋~三枚橋
 難読駅名として知られる治良門橋(じろえんばし)から三枚橋の間。遠くには桜や芝桜で有名な太田市の「北部運動公園」がかすかに見えます。

 ちなみに前者の由来は、江戸時代に、篤農家(とくのうか)の「天笠治良右衛門(あまがさじろえもん)」という人が、この辺りの用水に、洪水のたびに流される木橋に替わり私財を投じて石橋を架け、その橋の名前から駅名になったということだそうです(参考:東武鉄道サイト、Wikipedia)。

太田6
 大田ふたたび。10分ほどの待ち合わせで、館林行きに乗り継ぐことができました。

帰郷
 そして無事に山辺に到着。ちょうど交換の相手が、往きに大田から乗った「ぷゆま」さんでした。

北鉄
 では、今回の収穫。今年は物販ブースに2社が初参加されていまして、まずは石川県から北陸鉄道さん。バス停の看板を模したユニークなうちわをいただきました。

アルピコ交通1
 そして、長野県からアルピコ交通さん。上高地線のキャラクターである、こちらの「淵東(えんどう)なぎさ」嬢でおなじみですね。

 いわゆる「むすめ」さんではなく、同社の女性社員の方によるオリジナルで、「ラブライブ!」で知られる(らしい)同県出身の声優である、「えみつん」こと新田恵海(にったえみ)さんによるCVもついており、CDも2種類販売されています(うち1枚は持ってます)。

アルピコ交通2
 こちらで記念乗車券を購入。先ほどのクリアファイルはその時にいただきました。

アルピコ交通3
 去年の6月から、現行の3000形(元京王井の頭線3000系)の1編成が、かつて上高地線で走っていたオリジナルのモハ10形のリバイバルカラーになったそうで、あの独特の色遣いが再現されているそうです。これは乗ってみたいですね。

 そういえばよく考えてみたら、どちらも鉄道線に3000系が使われている所ですが、もしかしたらそのご縁からのご参加ということなんでしょうかね…。金沢には一度行ってますが、北鉄はまったくの未乗なので、もっと気になるところですが…。

 ということで、結果的に大充実な内容となった春イベ参戦の旅。これにて全巻の終わりでございます。最後までご覧いただきましてありがとうございます。お粗末さまでした…。(おわり)
スポンサーサイト
2018/06/11

2度目の春イベ参戦記。 その11

赤城13
 引き続き、赤城より。こちらは先ほどのバスのりばに通じる東側の出入口。

赤城14
 駅は上電が管理しており、東武線の特急券や定期券などの発売窓口もありますが、当然ながら上電の駅員さんのご担当です。

赤城15
 旧駅舎の頃から売店が入店していて、群馬の名産品も売られています。

赤城16
 東武線のホームへ。構内には東武の乗務員宿泊所がありますが、今も使われていたりするんでしょうか。

赤城17
 上電側の保線小屋。渋さ全開です。

赤城18
 乗った西桐生行きは特急と接続したので帰りも…とも思いましたが、

赤城19
 明くる日が休みなので、ゆっくり戻っていきます。

赤城20
 逆だと太田での普通の接続は割にいいので。

赤城21
 フリー切符なので、西桐生まで行ったりとかもよかったのかもしれませんが、何せ今回は山辺からなのでさすがにパスしました。

赤城22
 そうこうするうちに、普通が到着。そして、次章で完結いたします。(つづく)
2018/06/10

2度目の春イベ参戦記。 その10

大胡32
 まだ時間があるので、こちらの渋い待合室でひと休み。

大胡33
 中には現行のものも含めた、歴代の車両と方向板を紹介したポスターが。

大胡34
 上半分はさすがに乗ったことはなく、せいぜい230形を2回ほど見たことがあるのみです(※どちらも赤城にて。初回は現役時代にホームでだが、2度目は側線に留置されていたものをたまたま)。

大胡35
 そうこうするうちに、西桐生行きが到着。

大胡36
 ある意味原点の「フィヨルドグリーン」編成でした。

赤城山1
 往きに撮りそびれた、上毛三山の一つである赤城山(あかぎやま)

赤城山2
 東海林太郎氏の名曲でも知られていますね…って、どれくらいの方がお分かりになられているのかが気になるところですが(笑)。

赤城10
 そんなわけで(?)、赤城駅ふたたび。旧駅舎の頃はこちら(西)側しか出入口がありませんでしたが、今は北側にも東側にも出られます。

赤城11
 東側のバスのりばには、なぜか関越交通のバスが。

赤城12
 どうやら期間限定の運行のようですが、観光目的とはいえ定期観光バスとも違うといえども、あえて「路線バス」と書かれているのには、ある種の切なさを感じてしまいますね…。(つづく)
2018/06/09

2度目の春イベ参戦記。 その9

大胡23
 それでは、改めて駅へ戻りまして、帰路に就いていきます。だらっとしてると「ゆうき」姐(ねえ)さんに「ほうき」で殴られそうなので(苦笑)。

大胡24
 日中はもとより、夜の9時台まで徹底した30分ヘッド。わかりやすいですね。

大胡25
 イベントは15時まで。乗っていくのは14時33分発の西桐生行き。なので、これで戻っていくイベントのお客は、私も含めて結構いました。

大胡26
 側線に停車中の、「パステルブルー」編成。

大胡27
 それにしても、大昔から区間運転は大胡止まりしかないはずですが、なぜ方向幕に「粕川」が設定されているのか…。

大胡28
 職員さんに聞いてみてもよかったのですが、何となくそのままにしてます。

大胡29
 早めにホームに入ったので、まずは21分発の中央前橋行きが到着。「ミントグリーン」編成。

大胡30
 これでひと通り見たのかな…?

大胡31
 一編成足りませんけど(笑)、700形をモチーフにしたキャラクターが描かれていますが、これをかたどった付箋がかつて売られていましたし、職員さんの名札にも使われていたりもします。(つづく)
2018/06/08

2度目の春イベ参戦記。 その8

 ということで、大胡の手前の西桐生方にある鉄橋の前で待ち受けることにした私。すでに何人かの「撮り」のみなさまがスタンバっておられました。

大胡13
 まずは定期の中央前橋行きがやって来ました。700形の「ゴールデンオレンジ」編成。

 しかし、若干押し急ぎ…。

大胡14
 仕切り直しで身構えました。

大胡15
 数分後、デハ101の臨時電車が通過。どうにかタイミングよく狙えたような気がします。

 でもせっかくなので、小ずるいのは承知のうえで、もうちょっと寄せてみました(※先の写真を拡大加工)。

大胡16
 倍率ドン。

大胡17
 さらに倍。毎度ながら倍ではないような気もしますが、そこは流れで(苦笑)。

大胡18
 逆エンドはいろいろとうるさくなってしまいましたが、ともあれ、お元気そうで何よりです。

大胡19
 ちょうど西桐生行きと交換のようですが、

大胡20
 それはこっちで撮るだけ撮ってみます。

大胡21
 往きの赤城でも西桐生行きだった「ロイヤルブルー」編成。みどり市大間々町にある「スナガ」さんの広告ラッピング仕様になっています。

大胡22
 本来はLPガス事業がメインのようですが、「サンアルプス」という飲料水の販売でも知られているらしく、車体にはそのキャラクターである「コップン」とお仲間が描かれています。

 …そうそう。「あちら」にもいらしてた…はずです(苦笑)(※今回はお見かけしませんでした)。(つづく)