今は昔のTRC。

 20日の春分の日。午前中の散歩で、

東武1
 こうなってから3度目の、「ぷゆま」カラーとの遭遇。が、見事なまでに中途半端。

 気を取り直して後追いで狙ってみたところ、

東武2
 今度は押し急ぎ…。

 まあ、こんなもんでしょう。みっともないったらありゃあしないのですが、あえて上げました。ご勘弁くださいませ。

東武3
 その後、山辺で交換待ちしていた区間急行太田行きがやって来たので、とりあえずお慰みに。

野州山辺1
 で、その野州山辺。今まで歴史には触れませんでしたが、開業は大正14(1925)年7月で、足利町(現・足利市)~太田間の開通(明治42(1909)年2月)に遅れること約4年半後のことだそうです。

野州山辺2
 実はここから昭和3年から同10年(1928~1935)まで、借宿線(かりやどせん)という貨物線が分岐していたそうですが、なにぶん戦前のことな上に、高架化されても40年近く経とうとしているので、その面影や名残りを見出すことはできません。

 地上時代の記憶もほとんど消えかかっていますが、そこまで構内が広かったどうか…。もっともその頃はまったく知らないはずですから、意識もしてませんし…。

 ちなみに、「借宿」は駅の所在地である八幡町(やわたちょう)の北隣の地名で、その町内の北端は渡良瀬川に面しているので、おそらくそこの砂利を運搬するために敷設されていたのではないかと思われます。

 また、3枚目までの写真を撮ったところの周辺は、その背後がいつぞや触れた、「瞬足」で知られる某メーカーの工場なのですが、

 そこができる前はなんと初代の足利競馬場だったそうで、しかも最寄りとしてその名も「競馬場前(けいばじょうまえ)」という臨時駅があったそうです(昭和7(1932)年4月開業、同14(1939)年2月廃止)。

 場所的に高架が終わって少し行った辺りにあったのではないかと思われますが、これもまたその名残りも面影も窺い知れません。臨時駅だそうだから停留所スタイルだったのかもしれませんが、山辺の駅からの距離を考えるとあったこと自体がとても信じられません。

 まさに「今は昔」のことですね…。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

「パーミル」が俺を呼んでいる。

 先月か先々月、父方の伯母から図書カードを見舞いとしていただき、退院後お礼を申し上げた後、前記事のすし屋の帰りに何かいいものはと物色しに行ったら、

‰会
 何とも魅力的な一冊が。どうやら去年の10月に出ていたようですが、しばらく本屋にも行ってない上にちょっと前までそれすら厳しかっただけに、まったく存じ上げませんでした。会の存在はうっすら知っていましたが…。

 「全国登山鉄道‰(パーミル)会」は、「観光地が沿線にあり、かつ登山鉄道としての性格を有している」という共通点を持つ私鉄6社(箱根登山鉄道、富士急行、大井川鐵道、叡山電鉄、南海電気鉄道、神戸電鉄)が2009(平成21)年9月に結成したもので、その名前は勾配を表す単位である「パーミル」からきています。

 本書はその加盟6社のデータを網羅したもので、付録に前面展望を収録したDVDが3枚付いた豪華なものになっています。

 ここからは私事ですが、この中で乗ったことがあるのはちょうど半分で、箱根登山、富士急、そして叡電ですが、

 富士急はまだ2回しか行ってないので(初回:平成元~2(1989~1990)年の年末年始、2回目:2年前の8月)語るほどに当たらず、

 登山は何度か行ってはいるものの最後の訪問からもう大分経っているので、最新車両が「アレグラ」(3000形)なのは一応知ってはいますが見ても乗ってもいないので、

 「アレグラ?薬じゃん」

 と言われても真っ向から反論できにくい始末(←なんのこっちゃ)。

 叡電に至ってはこれまた相当前に鞍馬まで1回だけという有様ですが、一応その時に数枚撮ったので恥ずかしながらここで証拠として公開いたします。

叡電1
 700系の八瀬比叡山口行き(出町柳にて)。

叡電2
 800系(鞍馬にて)。

叡電3
 900系「きらら」(同上)。上2つは車体に書かれている愛称名も今はひらがなになっているようです。

 南海は対象の高野線がまだですが、神鉄、大井川はまったくの未乗です。それだけに後2つは相当に駆り立てられました。井川線、すごすぎます。最大1000分の90(90‰)とは……!神鉄も神戸がいかに山も多いかということを改めて知らされました。

 見ちゃうとつまらないのかもしれませんが、行った気になる気はさらさらないし、見たらなおさら行きたくなります(笑)。

 まして、今がこういう状況なので、ある程度リサーチして士気を高め(?)、行けるようになれるように励むきっかけにもなりますし。

 いきなりそうというわけにもいきませんが、いずれそうなる日を夢見て、とにかく日々精進でありまする。今はまず、「予習」の段階です。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

福が居られる駅の朝。

 ついに12月。いつもながら、来てみると1年って本当に早いなと思ってしまいます。

 さて、前々回の最終章でチラッと予告的な事を申しましたが、その模様に入ります前に、ちょいと小ネタをひとつ。

福居1
 東武伊勢崎線の福居(ふくい)。いつからかは分かりませんが、ついに新駅舎だけになりました。

福居2
 明け方の空にぼんやり光る駅のアイコンが何となく神秘的に見えます。

福居3
 以前ここを取り上げた時、この近くにある「トチセン」さんの、のこぎり屋根の赤レンガ倉庫がモチーフになっていると書きましたが、その上のやつが分かりませんでした。今になってよく見てみると、傘のように見えますが、もしかしたら、「八木節(やぎぶし)」のイメージなのか…(※発祥の地とされている「八木宿」はこの近く)。

福居4
 ついでというのも失礼ですが、トチセンさんも収めてみました。

福居5
 大正時代、「足利織物」と言っていた頃に建てられたもので、登録有形文化財に指定されています。

福居6
 屋根の一部には、戦時中に施された迷彩塗装が今も残っています。

福居7
 今の福居の駅舎自体もここがモチーフになっているのかもしれません。

福居8
 駅ふたたび。構内には保線用の側線も残っています。

福居9
 前の駅舎はよかったですが、今のもそれなりに「地域性」が垣間見られ、それはそれでいいと思います。

続きを読む

テーマ : 駅めぐり
ジャンル : 趣味・実用

「切り札」となるか。

新型特急1
 東武の新型特急500系の全貌がいよいよ明らかになってきました。愛称は「Revaty(リバティ)」というそうです。

 「Liverty」じゃなくて?と思い調べてみたところ、

 それと「Variety」(バラエティ)との造語だとか。多機能性と東武のあらゆる路線を走行できる自由性から付けたようです。

新型特急2
 なるほど本線系のほとんどの路線を網羅するという意味では付けも付けたりですが、ひとつ気になることが。

新型特急3
 「スカイツリートレイン」とは別に、東武アーバンパークラインつまり野田線でも特急が運行されるようですが、千葉側が運河までというのはいったいどういうことなんでしょう。正直、こう言っては何ですが、いささか中途半端な気もするんですが…。

 しかも、「特急運河行き」というのが、どうにも私の中で響かないんです(苦笑)。知らない方だと「どこ?」ってことになりかねないだろうし…。

 いや、存じてますし、いい所ですし、学校もあるし、待避線もあるからそこ止まりのものもあるし、わかるんですけど、なぜそこまでなのか。

 どうせなら船橋まで通しちゃった方がいいと思うのですが…。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

あれから30年。

直通30周年1
 今月9日、野岩鉄道会津鬼怒川線との相互直通運転30周年に伴い、記念乗車券が発売されました。明日以降にお伝えするぶらり旅の帰りに、まだ地元で売っていたので入手いたしました。

 その30年前の昭和61(1986)年、野岩の開業と同時に直通運転が開始されたわけですが、そういえばもうそんなになるんだよなあ…。

直通30周年2
 私事で恐縮ですが、その2か月後、さっそく会津高原(当時。現・会津高原尾瀬口)まで乗りに行きました。その時は高架とトンネルばかりの印象で、そこ自体はあまり記憶に乏しいのですが、実はこの後、よせばいいのに会津線(国鉄。現・会津鉄道)に乗ってしまい、会津田島まで行ったもののその先が夕方くらいまでなく、かといって会津高原に戻るのもつまらないと思ってしまい、バスで会津若松まで出た挙句、磐越西線~東北と乗り継いで戻ってきたのは夜8時…。

 そのまま戻れば夕方には着くはずが、好奇心だけで大回りをしたためにとんでもない結果になってしまったやや苦い思い出があります。当時中学生の青二才とはいえ、あまりにも無謀過ぎました。

 今はさすがにその頃から比べたら本数も多少増えてはいるでしょうけど、かかる時間は大して変わらないのではないでしょうか。多少大人になった(?)今、水郡線の時でもかなり目いっぱいな感じだったので、会津ともなると、もう少しそれなりの「覚悟」が必要かもしれません。

 何だか話がそれまくりましたが、30周年おめでとうございます。来年度には東武に新型特急車両が登場しますが、思い切って浅草~会津若松間直通の特急なんて、いかがでしょうかね…?

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

こんなやつ。

あいあんさいど

Author:あいあんさいど
原産:栃木県
性別:♂
性質:鉄道と街、そして昭和を愛する。
属性:一応「乗り鉄」
習性:地名で路線がわかる。ポイント音に過敏(笑)。
好物:駅そば、駅弁
憧憬:立川真司氏(鉄道ものまね芸人)

最近の戯れ事。
過去の戯れ事。
ありがたいお言葉と、つたない返事。
トラバ。
領域。
えにし。
FC2乗り鉄の会
鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略・五十音順)


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。
ブログランキング
村民登録中。
ご訪問ありがとうございます。
私の本棚。
おひとついかがぁ?
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード