FC2ブログ
2020/07/03

「大義名分」という名のもとに(仮)。 その5

 本章で完結いたします。

浅草1
 無事に浅草には着いたものの、こんどの特急に乗り継ぐにはかなり微妙なインターバルだったので、1時間後ではありますが、次のやつにすることに。

 まあ、単独だったら「賭け」にも出るんですが、親同行なうえに久しぶりの浅草なので、いくら「例の状況」が多少あるとはいえそこまで急いで戻らなくてもいいんじゃないか…と。

 ということで、特急券とこの日の晩飯を調達後、せっかくなのでお参りしていこうと、仲見世から観音様へ向かいましたが、

仲見世
 とても昼の1時台とは思えないほどの閑散ぶり。この時間帯でここまでなっているのは初めて見ました。

浅草寺1
 お寺にしても似たような状況で、こういう所の方に「影響」が出ているというのが、何とも皮肉な気がしないでもありません…。

浅草寺2
 ずいぶん前に、地元の近所にある八幡宮で、参拝自粛という状況に出っくわした時に、「神も仏もないものか」と思いましたが、

浅草寺3
 よくよく考えてみたら、神や仏のお力ではどうにもならないとも言えなくもないですし…。

 参拝もそこそこに、早々に引き上げてしまいました。

浅草2
 で、東武の浅草特急ホーム。床には今からすればとてつもなく懐かしいものの乗車位置が未だに残っていたのですが、まさか復活させる気でいるんぢゃあござんせんよね……??(←どこの人なんだよお前は

浅草3
 ともあれ、13時50分発の「りょうもう」19号で無事に帰郷。思えば3時ごろに戻って来れればある意味「御の字」かもしれません。いくら休みとはいえ、そうはつぶせるもんじゃないし…。そこは今までと大して変わらなかったりします(苦笑)。

SUMOU.jpg
 ということで、個人的な「ハンズ」さんでの収穫。入浴剤だけでも相当な品揃えだったのでクラクラしましたが(笑)、その中でちょっと目を引いた、その名も「SUMOUバスソルト」なるもの。相撲からのイメージなのか、塩を主成分とした入浴剤で、さらには決まり手が種類名になっており、他に「押し出し」と「うっちゃり」がありましたが、私は気分的にこちらの「寄り切り」を。レモンとハッカの強い香りが、確かに憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれ、まさに「がっぷり四つ」から寄り切った気分でした(笑)。

 てなわけで、まさに「大義名分」をいい言い訳にしたような感じではありましたが、親が見たいというのを見させないなんて、そんな薄情なまねなど、あっしにはできやせんっ!(←だからどこの人なんだっての)

 …まあ、だからこその「名のもとに」てなわけで(苦笑)。

 お粗末さまでございました…。(おわり)
スポンサーサイト



2020/07/02

「大義名分」という名のもとに(仮)。 その4

ねぎし1
 ということで、その「然るべき見当」の所。「Delicious Plaza(デリシャスプラザ)」というビルの地下1階と2階にある、「ねぎし」さん。それこそ親同行で数年前にいただいた以来ですが、思えばここ自体も久しぶりな気がします。

ねぎし2
 ちょうどお値打ちないいセットが期間限定であったので、それにしてみました。リッチな「しろたん」に、歯ごたえのある「赤たん」の「がんこちゃん」のハーフが組み合わさった、ある意味ぜいたくなセット。

ねぎし3
 いわゆる「ねぎし」(薄切り白たん)との組み合わせはレギュラーメニューでありますが、それだと若干物足りない(笑)。かと言って「三種盛り」では許容範囲を超えてしまう…。そんなわがままに十分応えてくれるものでした。また、手前の「がんこちゃん」が、その名の通りの歯ごたえながら、なかなかクセになる一品。固い部分も無駄にしない「ねぎし」さんの心意気がうかがえます。

 牛たん とろろ 麦めし ねぎし 上野駅前店
 東京都台東区上野6-14-7
 Delicious Plaza 2F
  (サイトはこちら

上野7
 すっかり満たされたので、そろそろ戻っていきます。ちょっと行ったところが地下鉄の出入口だというのも、ちゃんと経験済みなのでいよいよ抜かりなく(苦笑)。

上野8
 時間的に12時台の特急にぎりぎり間に合うかどうか…というところでしたが、仮に間に合わなくても特に後悔はいたしません。

上野9
 明くる日も休みだし、ここまで来てせかせかするのも何ですし…。

上野10
 浅草行きが到着。その結果は次章にて。(つづく)
2020/07/01

「大義名分」という名のもとに(仮)。 その3

上野1
 ということで、上野(うえの)

上野2
 それにしても、特別快速のおかげで上野に出ること自体も早くなりましたが、さらに先まで1本で行けるようになろうとは…今さらですが。

上野3
 久方ぶりの中央改札。やはりここを抜けるのが「礼儀」でしょうね。

上野4
 まあ、偉そうに言ってますけど、結果的に最寄りだったりするだけなんですが(苦笑)。

上野5
 改めまして、広小路口。

上野6
 このすぐ近くに、例の「然るべき見当」の場所がありますが、詳細は次章にて。(つづく)
2020/06/30

「大義名分」という名のもとに(仮)。 その2

北千住6
 ということで、「東急ハンズ」さんの入る「北千住マルイ」へ。

 厳密には丸井さんも「千住ミルディス1(※本来はローマ数字ですが、環境依存なので…)番館」というビルの中にある形だそうで、駅西口の再開発事業の一環として、平成16(2004)年2月にオープンしたとのこと。16年前かあ…。
 
 それ以前の西口は「きたろーど1010」以外は何もなく、これができた時には本当にビックリしたものでした。しかも、まさかの丸井が!(東急)ハンズがっ!

 折しもその数年前に東武のホームが拡張されたり、翌年TX(つくばエクスプレス)が開業したりして、一大ターミナルとなった同駅の駅前にふさわしい存在ではないか…とも。

 それからもう16年…。早いもんですねえ……。

 ちなみに、「千住ミルディス」の「ミルディス(Mildix)」は、フランス語で「西暦1010年」を表すそうです。

 …後はもうよろしいですね(苦笑)。

 こちらのハンズさんは、実は私も結構久しぶりなんですが、ワンフロアながら充実な品揃えで、ある意味いちばん見やすいのでは、と思いました(※個人の感想です)。単独だったら中・大型店でもかけずり回って(←ダメだろ)見まくりますが、親を巻き込むわけにはいかないのでここにしたわけですが、実際見てみたらここでも十分なんじゃないかと思うほどでした。

 まして親は初めてだったこともあって興味津々。そこだけでも充分につぶせると言ってました。

北千住7
 ということで、大充実のハンズさんめぐりでしたが、丸井さん、今やロゴまで「ソーシャル・ディスタンス」!徹底しすぎです(笑)。

北千住8
 あれが「元の距離」に戻るのはいつの日か…。その日が早く来ることを祈りつつ(←本当に祈ったのか?)、ふたたび駅へ。

北千住9
 そろそろ「時分どき」ですが、ここではなかなかめぼしいところがわからず、浅草に出ても逆に選択肢が多すぎて迷ってしまうので、ここは「然るべき見当」をつけて、上野に出ることにしました。常磐線へ。

北千住10
 ちょうど上野東京ラインの品川行きの特別快速が。

北千住11
 背後には上野行き(快速)が停まっていましたが、こっちの方が早いので乗っていきます。

北千住~南千住
 その「然るべき見当」については、次々章にて。(つづく)
2020/06/29

「大義名分」という名のもとに(仮)。 その1

 15日。前週のあの若干(?)無謀な東京散策における反省を踏まえ、今回は控えておこうかとも思ったのですが、

 朝からとてもいい天気だったのと、今回も3連休となり、さすがに3日間くすぶっているのも何かとよろしくないので、せめて近場で済ませておこうと考えておりました。

 が、

 去年あたりから横浜の親戚が送ってくるものに「東急ハンズ」さんで買ってきたと思われる便利グッズが同梱されてくることがたまにあり、

 まだ行ったことのない親は、どんなところなのか気になっていた様子。

 地元からの至近は、知っている限りでは北千住の「マルイ(丸井)」さんの中にある店舗ですが、最近あの「高崎オーパ」の中にも入っているそうで、どっちにしようか迷ったのですが、前者は何度か行って様子がわかっているし、かえってそっちに出た方が都合がいいのと、親同行なのであまり無理もできないのと、そこ+αで戻ってきても結構時間はつぶせるとの判断のもと、2週連続ながらのプチ上京と相成ったのでした。

出発1
 実質1ヶ所だけなのと、この状況下、お店の方も開店時間が遅くなっているので(※10:30から)、9時台の特急でゆっくりと向かうことに。 

出発2
 39分発の「りょうもう」18号。これに乗って、

北千住1
 北千住(きたせんじゅ)へ。

北千住2
 ホーム上にある、「小諸そば」さん。本来ならば開いている時間のはずですが、閉まってました。やはりこの影響下からか…と思っていたら、どうやら「店舗改装のため」とのこと。

北千住3
 平日午前中の特急はこんな状況でなくてもお客は多いとは言えないので、一概に「影響」を持ち出せないと思います。少なくとも、いつも通りか、若干少ないか…。その「若干少ない」が、「あれ」のせい…とは限りませんし…。

北千住5
 もういい加減、あまり神経質になり過ぎないようにしないといけません。

北千住4
 まあ、かと言って、前回の回り方が正しいのか、と言われると、何とも言えませんが…。

 なんでも「ほどほど」です、かね。(つづく)