田んぼの中のエスニック? 三たび。

 それまでの反動か、取り戻さんとばかりいろいろ食いまくってしまっていますが、

 それに相応した動きをしているわけでもないので、若干太ってしまっている感もあります…。

 考えてみれば、たまの贅沢だからこそ有難く思うものなので、なるべく減らしつつ、歩く機会も増やすようにしています。

ココノラ1
 ちょうどその辺が軌道に乗り、そろそろどこかで食べたいなと思い始めた頃(笑)、運転慣らしも兼ねて、佐野の「COCO nora(ココノラ)」さんに行きました。

ココノラ2
 ラーメンをメインに、和洋エスニック何でもござれのお店。敷地には田畑が広がり、使用する野菜や米を自家栽培しているそうですが、一角にはうさぎ小屋もあります。

ココノラ3
 1枚目にも写っていますが、入口付近にも。すごいものの中にいらっしゃいます(笑)。

 とにかくメニューが豊富で来るたび迷うのですが、久しぶりだったのでやはり定番のラーメンセットを。もっともこの日(3/20)は連休内ということもあって、ラーメン系のみの取り扱いとなっていましたが。

ココノラ4
 私は生姜焼き。

ココノラ5
 親はから揚げ。

ココノラ6
 敷地内で作っているお米のご飯。白米の状態で売られてもいます。

ココノラ7
 メインのラーメン。同町内にあるやはり行きつけのお店に比べるとがっつり感は少ないですが、全体的にあっさりしているのに物足りなさは感じません。ただ、そのあっさり故におかずも一緒に食べたくなるので、いい意味で「罪なヤツ」です(笑)。

 先ほど述べたように、連休や年末年始の繁忙期はメニューが限定されるのでご注意ください。
 
 栃木県佐野市上羽田町394-2
 営業時間:11:30~20:30(※14:30~17:30、準備中の場合もあり)
 定休日:水曜日
スポンサーサイト

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

今は昔のTRC。

 20日の春分の日。午前中の散歩で、

東武1
 こうなってから3度目の、「ぷゆま」カラーとの遭遇。が、見事なまでに中途半端。

 気を取り直して後追いで狙ってみたところ、

東武2
 今度は押し急ぎ…。

 まあ、こんなもんでしょう。みっともないったらありゃあしないのですが、あえて上げました。ご勘弁くださいませ。

東武3
 その後、山辺で交換待ちしていた区間急行太田行きがやって来たので、とりあえずお慰みに。

野州山辺1
 で、その野州山辺。今まで歴史には触れませんでしたが、開業は大正14(1925)年7月で、足利町(現・足利市)~太田間の開通(明治42(1909)年2月)に遅れること約4年半後のことだそうです。

野州山辺2
 実はここから昭和3年から同10年(1928~1935)まで、借宿線(かりやどせん)という貨物線が分岐していたそうですが、なにぶん戦前のことな上に、高架化されても40年近く経とうとしているので、その面影や名残りを見出すことはできません。

 地上時代の記憶もほとんど消えかかっていますが、そこまで構内が広かったどうか…。もっともその頃はまったく知らないはずですから、意識もしてませんし…。

 ちなみに、「借宿」は駅の所在地である八幡町(やわたちょう)の北隣の地名で、その町内の北端は渡良瀬川に面しているので、おそらくそこの砂利を運搬するために敷設されていたのではないかと思われます。

 また、3枚目までの写真を撮ったところの周辺は、その背後がいつぞや触れた、「瞬足」で知られる某メーカーの工場なのですが、

 そこができる前はなんと初代の足利競馬場だったそうで、しかも最寄りとしてその名も「競馬場前(けいばじょうまえ)」という臨時駅があったそうです(昭和7(1932)年4月開業、同14(1939)年2月廃止)。

 場所的に高架が終わって少し行った辺りにあったのではないかと思われますが、これもまたその名残りも面影も窺い知れません。臨時駅だそうだから停留所スタイルだったのかもしれませんが、山辺の駅からの距離を考えるとあったこと自体がとても信じられません。

 まさに「今は昔」のことですね…。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

わかり始めた「マイ・エボリューション」(仮)

 今ハマっている某クイズゲームの新シリーズが、15日に稼働開始いたしました。

 システム的には前作とほぼ一緒ですが、前々作より登場し、いろんな意味でインパクトのある生徒ながら脇役的な存在だった「ヴァニィ」たんが、晴れてプレイアブルキャラクターになり総勢22人に。

 さらに、興味深い新機能がつきまして。

 ひとつは「スタンプチャット」。プレー中にキャラのスタンプでコミュニケーションがとれるようになり、特に協力プレーの「グリムバスターズ・EVO」ではリアルタイムで気持ちを伝えることができるので、かなりいいんじゃないでしょうか。

 もうひとつは「コーディネート投票」という、アバターのファッション評価のようなもので、マッチング時にオシャレなカスタマイズをしているプレイヤーさんがいたら投票できるという、なかなかにおもしろいものです。

春のよそほひ。
 今作から新たに登場したタイプの袴を着させてみましたが、いよいよ「はいからさんが通る」的というか、JDさんの卒業式的というか(笑)。もっとも、持ってるものが何かとあれですが…。

 ちなみに、キャラは前作に引き続き「マラリヤ」さんです。一度だけ「ふやんふやん」な子に浮気してしまいましたが(苦笑)、それを除けばまともに始めた時(※「扉」のSeason2。実は第1作も少しだけやってるんですが、その時はセリオス君でした)からずっとこの人。ご存知の方には言わずもがなですが、キャラの立ちっぷりが半端ないので(笑)。

 この奇抜ないでたちもそこそこに評価をいただいていますが、

和なマラさん。
 始めた頃からの装いも捨て難い。結局のところ、酒とネコ化はもはや欠かせません(苦笑)。

 どちらかというとこちらの方が多くいただいているようですが、さらなる新機能の「お気に入り」で、これらのカスタマイズが保存できるようになったので、何日かのスパンでマイナーチェンジを行いつつ、今のところはあの2つで回していくつもりです。ご投票くださったプレイヤーさん、ありがとうござ…

 いや、

 ここはキャラに沿って、

 感謝感謝(笑)。

 持ち物に関しては、明日まで、少なくとも右手はこれでいきます。春場所開催中なので(苦笑)。

 それにしても、本物の行司さんがこんな軍配持ってたら、確実に「何か」を疑われそうですね(笑)。

 あ、ちなみに、CNはブログのHNではやっていません。当初は開発元さんに多少ちなんだ名前にしていましたが、その後3回ほど変えてしまっています。

 じゃあ何てんだって?

 ……まあ、言うだけ言っといてなんですが、

 ご想像にお任せします(←おいっ!!)。

 こっぱずかしくって言えませんよ、んなもの(苦笑)。

テーマ : アーケードゲーム
ジャンル : ゲーム

「春」遠からじ。

 おかげ様で戻ってからもうすぐ3週間が経ちますが、経過は今のところ順調です。

 リハビリもギブスを外して立ったりしています。

 が、

 ギブスがついている状態が長いので、

 まだ恐々な感じです。

 今後は取れて本格的に、それこそ地に足をつけていく方向になっていくわけですが、

 そうなってからが本当の勝負どころといえるかもしれません。

 旅ネタをいつ復活できるかは今のところまだ何とも言えませんが、
 
 もうこうなったら長い目で見て、焦らずいく所存です。せっかくここまで来たんで。

山辺1
 そんな話で終わるのも切ないので、駅の写真だけでも(笑)。野州山辺です。区画整理によって駅前広場がそれなりに整備されましたが、まだ発展途上なので、かなりお寂しい状態です。

山辺2
 特急通過。早くホーム上で捉えられるように精進していきます。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

撮るだけでは済まなくなっている件(仮)。

 18日の昼ちょい前。ちょうど山辺で「りょうもう」が行き違いましたが、

りょうもう1
 上りが「ぷゆま」カラーでした。

りょうもう2
 正直、いっそのこと全部これにしてもいいんじゃないかと思うくらいにいい感じにハマっていると思います(※個人の感想です)。

りょうもう3
 下りは本来のカラーリング。もちろんこれはこれでいいんですが、若干食傷気味な……

 …あくまで「個人の感想」ですよ(笑)。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

こんなやつ。

あいあんさいど

Author:あいあんさいど
原産:栃木県
性別:♂
性質:鉄道と街、そして昭和を愛する。
属性:一応「乗り鉄」
習性:地名で路線がわかる。ポイント音に過敏(笑)。
好物:駅そば、駅弁
憧憬:立川真司氏(鉄道ものまね芸人)

最近の戯れ事。
過去の戯れ事。
ありがたいお言葉と、つたない返事。
トラバ。
領域。
えにし。
FC2乗り鉄の会
鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略・五十音順)


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。
ブログランキング
村民登録中。
ご訪問ありがとうございます。
私の本棚。
おひとついかがぁ?
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード