FC2ブログ
2019/03/24

お得な中華@グンマ。

 先日、地元の知人と群馬へ行きましたが、

加奈藺1
 往きの段階で腹ごしらえしておこうということで、こちらの「加奈藺(かない)」さんへ。その字面もインパクトがありますが、当地・前橋ではかなりの人気を誇る中華の老舗として知られているようで、実は今回で2度目です。

 前回来た時は、見た目も量もインパクト抜群の「デカ盛丼」を、しかも1個がでかい「からあげ」5個という玉砕必至な状況でいただきましたが、もちろん見事に玉砕でした(苦笑)。

 ただ、お店の方もそれはわかっているようで、パックがしっかり店内に置かれておりまして、残ったからあげは結果的に晩酌のつまみと化しました(笑)。

加奈藺2
 今回はセットでいこうと、こちらの「からあげチャーハンセット」を。このボリュームでさらにドリンクバーがついて1,100円也。はっきり言ってお値打ちです。

加奈藺3
 こちらの唐揚げはちょうど蒲田の「鳥久」さんのそれを彷彿とさせる竜田揚げ的なもので、1個は確かに大きいですが後味さっぱり。チャーハンもいかにも「街の中華屋さん」的なお店の造りとは裏腹に、かなり本格的な味わいでした。

加奈藺4
 ちなみに、こちらが知人の頼んだ「デカ盛り丼」の、「うまから醤油のからあげ」バージョン。前回は私もこれでしたが、間にはさまれた野菜が実は曲者で、これを先に食べてしまうとご飯が入らなくなってしまいます。

 今回、知人は3分の2ほど攻めてギブアップしていましたが、かなりの善戦だったように思えます(笑)。

 私としては色々と食べてみたいので、あまり無理はしないつもりではありますが、

 やはりからあげは必須になるでしょう。

 「チキン野郎」ですので(苦笑)。

 群馬県前橋市元総社町2470-2
 営業時間:11:00~14:30、17:30~22:00
 定休日:水曜日
スポンサーサイト
2019/03/23

平成最後に昭和を見た? の巻 その12

新宿7
 本章で完結です。引き続き、新宿より。

新宿8
 いつぞや触れた、「キン肉マン」のラリーにおいて、こちらでは「ミスターカーメン」のスタンプが設置されているようですが、何編に出てきたんでしたっけ…?

新宿9
 やってみたくもあるんですが、未だに決心がつきません(苦笑)。

館林1
 飛びに飛びまくって館林。

館林2
 日中はこのパターンで普通に乗り換えるのが常(つね)です。

館林3
 「りょうもう」同士のツーショット。

館林4
 さらに下りを小泉線とともに。

館林5
 そして伊勢崎行きへ。

帰郷
 今回は幕の間違いもなく(笑)、無事に帰郷。

 そんなわけで、今も所々に昭和の面影が残っていますが、さらに平成を上乗せしたら約100年…。

 何だか、感慨深いどころの騒ぎじゃなくなっています(苦笑)。

 まさかこの年で3つの時代を過ごすことになろうとは思いもしませんでしたが、次はどういう元号になるんでしょうね。

 ともあれ、今回はここまでです。お粗末さまでした…。(おわり)
2019/03/22

平成最後に昭和を見た? の巻 その11

向ヶ丘遊園25
 てなわけで、その中を取った(と言えるかどうかは定かではありませんが…)急行で、多少ゆるゆるに新宿へ向かうことにしました。

向ヶ丘遊園26
 3番線には当駅始発の千代田線~常磐線直通の準急我孫子行きが入線。

向ヶ丘遊園27
 まあ、これでもいいっちゃいいんですが、東武は特急に乗らないつもりでいたので、全体的にだるくなりそうなので、パス(苦笑)。

新宿2
 そんなこんなで、ふたたび新宿へ。

新宿3
 いろいろうるせえな、とお思いでしょうけど、なかなか難しいんですよ。

新宿4
 今回は渋谷の方で買い物を済ませてあるので、特に寄るところもないのですが、

新宿5
 そのまま改札スルーで乗り換えるのも何となくつまらないので、

新宿6
 あえて面倒な手段をとらせていただきました(笑)。(つづく)
2019/03/21

平成最後に昭和を見た? の巻 その10

 引き続き、向ヶ丘遊園駅南口より。

向ヶ丘遊園17
 平成13(2002)年1月まで、ここから「向ヶ丘遊園正門」駅まで、小田急によるモノレール路線が走っていましたが、

向ヶ丘遊園18
 今自転車置き場になっているこの辺りが、モノレールの駅の跡のようです。

向ヶ丘遊園19
 北口のロータリーは小田急バスの独壇場でしたが、こちらは東急バスがメインでした。

向ヶ丘遊園20
 ではそろそろ戻ってまいります。その北口駅舎を裏から。こちら側から見るとそれなりに年季が入っているのが見受けられます。何せ開業以来ですからね…。
 
向ヶ丘遊園21
 直近で来たのは各駅停車の新宿行きですが、ちょっとかかり過ぎる気もするのでスルー。

向ヶ丘遊園22
 下りにはまたも藤沢行きの快速急行が。

向ヶ丘遊園23
 その間こちらにも快速急行が到着しましたが、これもこれでかからなさ過ぎるのでスルー(←いろいろうるせーなっ)。

向ヶ丘遊園24
 いや、多少余裕があるとそれもまた味気ないもんなんですよ。せめて帰りは「中」を取っていこうかな…と。(つづく)
2019/03/20

平成最後に昭和を見た? の巻 その9

 さて、向ヶ丘遊園駅の南口へ向かおうとしていましたが、

 朝抜きで出たため、さすがにお腹もヤバくなってまいりました。

 さすがに繁華街だけあってさまざまなお店がありますが、

 前回訪れた数年前はそうした所をことごとくはねのけて(笑)、南口横の「箱そば」さんへ行ったものでした。

 今回もつい条件反射でそうしてしまおうかという思いが頭をもたげましたけれど、

 たまにはゆっくり他の所で麺類以外のものを食ったらどうなんだという「もう一人の私」からの啓示を受け(←大げさな)、

 「民家園通り」あたりで物色していたところ、

帯広ぶた丼1
 気になるお店を発見。そういえば帯広の名物だというのはどこかで聞いたことはありますが、ここまで店名がはっきりしていると、チェーン店でもなさそうです。しかもここは川崎ですし(笑)。

 「迷ったら入れ」の教えのもと(?)、思い切って中へ。

 基本の「ぶた丼」は肩ロースを使用しているようですが、さらにバラ肉を加えた「ミックス」もあり、ならば、と、

帯広ぶた丼2
 こちらの「ぶた丼(ミックス)」を大盛で。タレは醤油・生姜・ニンニクから選べ、迷った末に醤油にしました。

帯広ぶた丼3
 もちろん本場のものを食べたことはないし、そもそもこれ自体が初めてなので比べようがありませんが、単純においしかったです。タレもあっさりめながらしっかりしたコクがあり、実は量も選べたのですが、多めにしてもらってもよかったかな、と(笑)。

帯広ぶた丼4
 味噌汁がつきますが、一般的な添え物のそれとしては量が多かった気もしました。もちろんうれしかったですが(笑)。

 ともあれ、後に調べてみたら、割に本格的なものというご意見が多いようです。なかなか向こうに行く機会がつかめないので、ここで本場の味わいを楽しむのもいいかもしれませんね。選択肢も多いので、また行ってみたいです。ごちそうさまでした…。
 
 帯広ぶた丼
 神奈川県川崎市多摩区登戸2066-103
 司ビル1F
 営業時間:11:00~24:00(L.O.23:30)

向ヶ丘遊園12
 すっかり満たされたところで、南口へ。

向ヶ丘遊園13
 こちらにも北口と同じような屋根が出来ていましたが、最近リニューアルされたのか、厳密にはまだ工事中のようでした。

向ヶ丘遊園14
 ちなみにこちら側が、かつてあった「向ヶ丘遊園」の最寄りで、駅前広場の少し前からモノレールも出ていました(後述)。

向ヶ丘遊園15
 それにしても、北口の方は窓が一つですが、こちらは2つ。さらに上には今の「小田急電鉄」の社紋のようなものがついているんですけれど、遠目にはちょっとわかりにくかったです。社紋だとすれば、内側の丸は「小」の字のようになっていなければならないのですが…(ご参考までに。)。

 まあ、よく見ると立体的なのでそう見えなくもないですが、建物全体を見てみると、意図的にそうしたのか人の顔のように見えます。

向ヶ丘遊園16
 こちらの方にもお伺いを立てたいところでしたが、やめときました(苦笑)。(つづく)